SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Jacksons: An American Dream / 日本未公開 (1992) (TV)

Cast >> Lawrence Hilton-Jacobs (Joseph Jackson), Angela Bassett (Katherine Jackson), Holly Robinson Peete (Diana Ross), Margaret Avery (Martha Scruse), Alex Burrall (Michael Jackson - aged 6-8), Jermaine Jackson II (Jermaine Jackson - aged 13-17), Bumper Robinson (Jackie Jackson - age 12-16), Floyd Roger Myers Jr. (Marlon Jackson - age 7-9), Monica Calhoun (Rebbie Jackson), Jason Weaver (Michael Jackson - aged 9-14), Angel Vargas (Tito Jackson), Terrence Howard (Jackie Jackson), Billy Dee Williams (Berry Gordy) ...
Director >> Karen Arthur
Writer >> Joyce Eliason
Producer >> Suzanne de Passe, Jermaine Jackson ...

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Celebration of Victory
ハンサムなジョセフ(ローレンス・ヒルトン=ジェイコブス)に声を掛けられて、高校生のキャサリンアンジェラ・バセット)は恋に落ちた。2人は深い仲となり、キャサリンは子供を産んだ。ジョセフはボクサーになって有名になるのが夢だったが、インディアナのゲイリーで「ザ・ファルコンズ」というバンドを組んでギターを弾いていた。しかしそれも上手くいかず、子供も増えたので鉄鋼の仕事に戻った。ある日仕事を終えて家に帰ると大事なギターの弦が切れていた。次男のティトが練習をしていて壊したのだった。ジョセフは激怒したが、そこで自分の幼い子供達に音楽の才能がある事を知る...

この映画はジョセフとキャサリンが出会う所から始まっている。マイケル・ジャクソンの成功の歴史は良くも悪くもこの両親から始まっている事が分かる。またスザンヌ・ド・パッシーという物語にも登場してくる側近が関わっている為に、ジャクソン家の様子が上手く描写されている。特には家長であるジョセフの苦悩、そして罪が刻々と描かれている。自分の息子達が所属レーベルであるモータウンベリー・ゴーディ・ジュニアに懐くことが理解出来ずに溝が出来て吐き出す台詞。そして天才マイケルの苦悩。幼い少年にとって成功よりも、父親が欲しかった。そしてマイケルが抱えるリードシンガーとしてのプレッシャー。それだけじゃなくて、歌う事が彼にとっての輝ける時だったという事実。ダイアナ・ロスのライブに飛び込んでマイクを離さない時に、ママのキャサリンの一言も良い。
そしてジョセフの楽天家ながらも厳しい性格を演じたローレンス・ヒルトン=ジェイコブスは上手く表現している。ただ、マイケルの青年期はモノマネになってしまっていたのが若干気になった。

父親の存在も含めてマイケルは「この勝利を祝おう」と観客に語りかけた。マイケルが抱えていた苦悩を考えると切なくなる。しかし、音楽を通してマイケル・ジャクソンという天才を知れた事は、我々にとっての勝利。彼の存在こそが勝利であり、それを祝いたい。

(Unknown:TVにて鑑賞、11/5/09:DVDにて鑑賞)