SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

And Then Came Love / アンド・ゼン・ケイム・ラブ (2007) 637本目

ヴァネッサ・ウィリアムス(セデスの方)が主演のラブコメです。というか、若い子にはセデスの方と言っても分らないかも?(あのCMも今じゃ古い)というか、ヴァネッサ・ウィリアムスは、ヴァネッサ・ウィリアムスでしょう!という感じですよね。実はもう1人ヴァネッサ・ウィリアムスが居るんですよ。「New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)」とかTVシリーズの方の「ソウルフード」が一番有名かな?セデスの方のヴァネッサは同姓同名が居るのは嫌みたいですが、セデスじゃない方はお互い得でしょ?的に思っているみたいです。でもやっぱり得しているのは、セデスじゃないヴァネッサ・ウィリアムスですよね。明らかに。で、セデスの方のヴァネッサ・ウィリアムスは女優する時にはヴァネッサ・L・ウィリアムスに一時期していましたが、最近ではやっぱり私がヴァネッサ・ウィリアムスでしょ!って事で、ヴァネッサ・ウィリアムスにしてますよね。という訳で余計混乱しかと思いますが、そのヴァネッサ・ウィリアムスが主演です。

そのヴァネッサ・ウィリアムスにぴったりな題材じゃないでしょうか?バリバリに仕事をしていていて、恋も仕事も家族もあって幸せな女性。その家族というのが、シングルマザーでありながらまだ小学生の子供を育てています。離婚してシングルマザーという訳でもなく、アメリカでは珍しくない婚外でシングルマザーという訳でもなく... そのヴァネッサ・ウィリアムスが演じたジュリーという女性はマイケル・ボートマンが演じた素敵なボーイフレンドが居るんですが、その彼との子という訳でもなく... 精子ドナーによる妊娠・出産なんです。ジュリーは私はなんでも出来るんだから、息子の父親代わりだって出来るわ!と思っているのです。しかも素敵なボーイフレンドも助けてくれるしーみたいな。でも当の息子にしてみたら、やっぱり本当の父親が欲しいんですよね。息子は6歳で学校に通い始めて、段々そういうのが分ってくる年頃。ジュリーにも「パパが欲しい!」と言うんですね。でもそれがどんどん行動として現れてきてしまうんです。ADDを疑われる程に学校では落ち着きがなく問題ばかり。それでもジュリーは私なら出来る!と頑張るのですが、やはり歪が出てきちゃうんです。息子の若い学校の先生に「きっと遺伝でしょうね」と言われて、「いやいや私は成績優秀で問題なんて起こした事ないしー」みたいな。精子ドナーだって、ちゃんとした大学に通う優秀な精子だしーみたいな。そうなると、精子ドナーは本当にちゃんとした男だったのか?と気になり始めるジュリーは、仕事でも使っている私立探偵に調べさせてしまうんですね。と、ここまでは面白かった。でもここからが実におとぎ話的でした。ファンタジック。分り易い展開。やっぱりね。

でもその精子ドナーのポールという男は若いんです。良い大学の法律科に進んだまではいいけれど、いい年して何がやりたいのか分からない。実の父親からも「ルーザー」呼ばわりされてます。でも人からは好かれるいい奴。このポールという男とジュリー、そしてジュリーのボーイフレンドのテッドが一緒になるシーンがあるのですが、その場面は面白かった。スパイク・リーの「She's Gotta Have It / シーズ・ガッタ・ハヴ・イット (1986)」で主人公の女の子が付き合っているボーイフレンド全員を感謝祭のディナーに招待する場面がありましたが、あれを思い出しましたね。いやちょっと違うかな?スパイクの方は彼女の取り合いみたいで言い争いになるけれど、この映画の場合はポールが良い意味で空気が読めない男だし、テッドが何でも聞いてあげちゃういい男だから不思議な空気になってしまうんです。ポールとテッドの性格を良く現した場面でしたね。

あ、後、ニューヨークが舞台なので、今やっているワールドシリーズにも進んだヤンキースがやたらと絡んできます。ジュリーの息子とそのクラスメイトが父親の事で言い争いになるんですが、その時の会話が面白い。クラスメイトは「僕のパパは松井を知ってるんだ」と言うと、ジュリーの息子は「僕のパパはヤンキースなんだ」と言い返します。松井は立派なヤンキースのスター選手なんですね。と思わされました。ニューヨークは本当にヤンキースが好きですよね。ロサンジェルスからはそんなにドジャース好きを感じませんでした。どちらかと言うとみんなレイカーズの方が好きな感じがしました。それでも良いときだけ応援している感じでしたけどね。タイミング良く、ニューヨーク出身のオマー・エプスがこんな事をTwitterっていました。「ヤンキースは唯一故郷のスポーツチームで好きになったチーム」。

それにしてもヴァネッサ・ウィリアムスもいいお年だと思うのですが、相変わらず綺麗。良い感じで年を取ってますよね。それなりの努力もしていると思います。この映画のジュリーとヴァネッサは重なりますよね。全てを成功させている点で。頭も良いし。でも唯一違うのが、男性の趣味かなー。前の夫がリック・フォックス(元NBA選手)なのが残念な感じ。私のスタンダードだと、リック・フォックスは決して男前じゃないんですが、アメリカだとなぜかモテるんですよね。私のアメリカの七不思議の一つなんです。リック・フォックスがモテるという事実。ま、何となくその理由も分かるんだけど、だけど分からない!というか理解したいくないのかも。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)