SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Graduation from John Hughes High School

みなさんご存知だと思いますが私は(そんなに私に興味ないよ!)、ジョン・ヒューズの80年代の青春映画が大好きでした。彼の映画と共に青春を過ごさせて頂きました。そのジョン・ヒューズが週末に亡くなりました。還暦を迎える前の59歳でした。監督としても沢山の素晴らしい作品を残しておりますが、脚本家としても大好きでした。上にもタイトルを出しましたが、「プリティ・イン・ピンク」とか最高でしたね。「恋しくて」は脚本は素晴らしかったけど、映画はあんまり好きじゃなかったかも。コメディも「大災難P.T.A.」とか「大混乱」とか「ホームアローン」とか面白いのが多かった。一番好きなのが「おじさんに気をつけろ!」かな。ジョン・キャンディの個性が物凄く生かされてましたね。監督としては「ブレックファスト・クラブ」とか「すてきな片想い」とか「ときめきサイエンス」とか「フェリスはある朝突然に」とかで、青春映画では絶対的な神でしたよ。「フェリスはある朝突然に」とかは本当に凄かった。第4の壁を破った演出で、主役のマシュー・ブロデリックと目が合うのが面白かった。音楽の使い方も上手くて、ロック系でもヨーロッパ系のニュー・ウェイブを上手く使ってましたよね。シンプル・マインズとか、ワン・チャンとか「True」を歌った人達とか。
前、私が楽しみに読んでいたウェブサイトの管理者の方が、ジョン・ヒューズの事を「ジョン・ヒューズ学校」と呼んでいたけれど、正にジョン・ヒューズの世界は学校みたいな空間でした。ジョン・ヒューズにしか作れない空間でしたよ。もうああいう映画は見れないかと思うと、本当に悲しい。
私もそろそろジョン・ヒューズ学校を卒業せねば。素敵な80年代の思い出をありがとう、学長!