SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Broken City / 日本未公開 (2013) 1117本目

いやー、着実に時代は前進しているね。こんな日が来るとはね、胸熱。とか書いてる癖に、劇場に見に行ってない奴ぅー。1月の中旬だったから、まだ忙しかったのよ。そのうちにと思っていたら、もう終わっていたパターン。いや、何がそんなに嬉しいのかって、この作品は黒人の監督と脚本コンビなんだけど、黒人の事を描いている訳でもなくて、白人俳優が主役な訳さ。しかもラッセル・クロウアカデミー賞受賞俳優。一流っていう枠。こういう映画の監督と脚本という主力が黒人なのは、今まで殆ど無かったね。思い出せるのは、フォレスト・ウィッテカー監督の「Hope Floats / 微笑みをもう一度 (1998)」と「First Daughter / ホワイト・プリンセス (2004)」位かなー。あ、この映画にも出ているマーク・ウォールバーグの「Shooter / ザ・シューター 極大射程 (2007)」もそうだね。でもいずれも監督だけで、脚本は違った。監督は「Menace II Society / メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙 (1993)」で90年代のフッド映画という旋風を巻き起こしたヒューズ兄弟の片割れアレン・ヒューズ。双子の弟。そして脚本家はブライアン・タッカー。今回が初。最近良く聞く「ブラック・リスト」って分かりますかね?年末位に発表しているんだけど、まだプロデュースが決まっていないけれどハリウッドの重役達にアンケートを取ってお気に入りの脚本をリストアップしていく事。ウィル・スミスの制作会社オーバーブルックスの重役が始めたのよ。「JUNO/ジュノ」とか「バベル」に「Safe House / デンジャラス・ラン (2012)」も同じく「ブラック・リスト」入りした脚本だった。今回のブライアン・タッカーみたいに今回が初となると、それはそれは凄いチャンスとなるのです。というか、それらを前面で宣伝しないのも時代が変わってきたなーと感じずには居られません!

という事で、そのブライアン・タッカーが書いた物語は、ニューヨークを舞台にした腐敗政治。冒頭からいきなり、ショーン・ベルとかトレイヴォン・マーティンを思わせる事件が起きる。少年を殺してしまったのがマーク・ウォールバーグ演じる警官ビリー。しかし、ニューヨーク市長(ラッセル・クロウ)とコミッショナージェフリー・ライト)がその証拠を隠滅して、ビリーは無罪。しかし警官を辞めて、7年後の今は探偵で生活。浮気調査とかが主。あまり稼ぎは良くない。そんな所に、またニューヨーク市長が電話かけてくる。妻が浮気している様子だから調査してくれと。しかしそれは... という政治スリラー。まあ大体想像通りではあるけれど、まあ見れちゃうかなー。

ヒューズ兄弟というと、もの凄く生々しい映像が特徴的。「メナス」もだけど、「Dead Presidents / ダーク・ストリート/仮面の下の憎しみ (1995)」では、ベトナム帰還兵が肉屋で肉を切っている時に血を見て、戦争時の人の死体とフラッシュバックして...というグロテスクな描写もあったり、なによりあのラストの白塗りはかなりのインパクトがあったよね。それは今回全く無いね。印象に残るようなシーンが無いんだよね。まあ唯一あるとしたら、ビリーの恋人が出演したインディ映画が完璧なエロ映画じゃないか!という事位かな?台詞もね、やっぱりどことなく黒人ぽい。NBAニューヨーク・ニックスジョークとか、ラッセル・シモンズのディスwとか、ニューヨークではちゃんとしたセンテンスで話せる奴はいないのか?とか。やっぱり何かリズムが違うというか、違和感があるんだよね。いくら、マーキー・マークでも。

しかし凄いキャスティング!

感想やあらすじなどはこちら

(3.75点/5点満点中:5/6/13:DVDにて鑑賞)