SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Sucker Free City / 日本未公開 (2004) (TV)

Cast >> Ben Crowley (Nick Wade), Ken Leung (Lincoln Ma), Anthony Mackie (K-Luv), Kathy Baker (Cleo Wade), Jim Brown (Don Strickland) ...
Director >> Spike Lee
Writer >> Alex Tse
Producer >> Spike Lee, Alex Tse

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

You can go anywhere but SFC
港町で繁栄したサンフランシスコ。70年代前半までは海軍の基地で栄えたハンターズ・ポイントも、海軍が去った後は労働に溢れゲトーと化している。中国から船でやってきた多くの移民の窓口となったチャイナタウンも今は中国マフィアが蔓延っている。90年代には新たな資産家が住み着き、以前から住んでいた人達が追い出されつつあるミッション・ディストリクト。3つの異なった町の片隅でそれぞれに生活していた黒人のキース(アンソニー・マッキー)、中国系のリンカーン(ケン・レオン)、白人のニック(ベン・クロウリー)の3人だった。町のどこかで彼等はすれ違う...

人々はどこにでも行ける。当たり前の事だ。日本からだってこの舞台となったサンフランシスコには簡単に行ける。しかし町にはそれぞれの顔と力がある。そのそれぞれの顔と力はサンフランシスコという大きな都市に飲み込まれているが、地区や町としてはそれぞれに力を持っている。普段は交わる事もないが、ふとしたきっかけで交わっていく事もある。そんな時に力が衝突する。普段はマイノリティと言われ弱い存在でもあるが、その地区や町で巨大な力を持ち、マジョリティに力の暴力や言葉の暴力で反逆する人達。逆にコミュニティ内のボスに影で反逆する者、自分の慣れたコミュニティを離れる必要があって戸惑う者。あまり裏の道...ヤクザな世界、そしてニューヨーク以外の町を描いてこなかったスパイク・リー監督にしては珍しい設定だった。そして元々はTVシリーズ化する予定だったので、ラストが駆け足で結果は見えてこないのが残念だが、サンフランシスコの町の歴史と共にそこの人々が見えてくる作品ではあった。

この映画のタイトルにもなっているSucker Free Cityという世間知らずが住めない町というニックネームを持つサンフランシスコ。頭の切れる人が勝ちだという図式がスパイク・リーの生々しい演出ではっきりと見えてくる。


(6/19/09:DVDにて鑑賞)