SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Bustin' Loose / おんぼろバスと8人の子供たち (1981)

Cast >> Richard Pryor (Joe Braxton), Cicely Tyson (Vivian Perry), Angel Ramírez (Julio), Jimmy Hughes (Harold) ...
Director >> Oz Scott, Michael Schultz (uncredited)
Writer >> Lonne Elder III, Richard Pryor
Producer >> Richard Pryor, Roger L. Simon
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Turning Point
ジョー・ブラクストン(リチャード・プライヤー)は小さい頃からペテン師だった。今回は電化製品を騙し取ろうとしていたが捕まり、執行猶予で免れたが保護監察官のドナルド(ロバート・クリスチャン)の命令に従わなければなからなかった。ドナルドの恋人であるヴィヴィアン(シシリー・タイソン)が働いている特別学級が予算削除で閉校になり、子供達は行き場を失った。ヴィヴィアンの故郷であるワシントンで学校開きたいと思い、ドナルドに頼むがドナルドはブラクストンにおんぼろのバスを運転してワシントンまで子供とヴィヴィアンを連れていく事を命令したのだった...

この映画の製作中にリチャード・プライヤーは転機を迎える。撮影中にコカインのやり過ぎで自分に火をつけて自殺しようとしたのだ。そんな中、プライヤーにしてはいつになく軽快なタッチなコメディを作り上げているのは驚きでもある。しかもプライヤーが演じた男は子供や女性との出会いで更生していき、更には火事で両親を無くし、それ故に火をいつも起こす男の子に対しては人生の素晴らしさを説いている!これは悲劇が生んだコメディなのだ。こんなコメディをやってしまうのがやっぱり伝説の男リチャード・プライヤーなのである。
それだけでなく、しっかりと劇中に笑いを入れている。あのクー・クラックス・クランとの出会いのタイミングといい身体の動きといい表情といい最高である。さらにはクランにキスまでしてしまう。お腹がよじれるとはこの事。

これを機に数年後に出演した「スーパーマン3」では破格のギャラを手にする事になる。そしてこれを機に麻薬と火事の後遺症が彼の体を蝕んでいく。良くも悪くもリチャード・プライヤーの転機となった映画だ。


(1/4/09:DVDにて鑑賞)