SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Toy / おもちゃがくれた愛 (1982)

Cast >> Richard Pryor (Jack Brown), Jackie Gleason (U.S. Bates), Ned Beatty (Mr. Morehouse), Scott Schwartz (Eric Bates), Teresa Ganzel (Fancy Bates) ...
Director >> Richard Donner
Writer >> Carol Sobieski, Francis Veber (film)
Producer >> Phil Feldman, Ray Stark
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 2 Performance >> 5 Direct >> 3 Music >> 4

"What's the matter, I'm in the back!'
ジャック(リチャード・プライヤー)はライターだったが、地元の新聞社「The Bugle」は黒人記者を雇わないので、仕事が無く、家ももう少しで売りに出されてしまう所だった。ジャックは色々と仕事を探したがあてもなく、仕方なく「クリーニング・レディ」として、「The Bugle」のオーナーであるU.S・ベイツ(ジャッキー・グリーソン)の元で働く事になった。そこにベイツの息子エリックが1週間戻ってきて、ベイツのデバートで欲しい物は全て持ってきていいといわれ、エリックはたまたまそこに居たジャックを選び、家に持ってきてしまう...

コメディアンのナンバー1に幾度も選ばれているリチャード・プライヤーと、同じく喜劇俳優として伝説となっているジャッキー・グリーソンという夢のような組み合わせが実現したコメディ作品。
この映画が日本にやってきた時には、まだ10代そこそこだった私は爆笑し、リチャード・プライヤーが演じたジャックの表情に一喜一憂したのを覚えている。しかし今見てみると、色々と違った風に見えてくる。ベイツの部屋には南部の旗、そして未だに黒人がメイドとして使われている。ジャックもいわば、お金で買われた訳であり、現代的な奴隷である。その辺りを80年代らしく軽快に見せているかと言えば、そうでもない。リチャード・プライヤーの台詞はプライヤー・イズムが感じられたけれど、それが全てを払拭するかと言えばそうではなかった。結局は昔のマミーと同じく、白人の良いように手助けしただけであった。ジャックは記者として雇われるが、才能ではなく、借りである。残念な演出によって、ジャッキー・グリーソンも頑固な南部人にしか見えなかったのが非常に残念である。

無知ならそこそこ面白い作品。しかし事情が分かると、頭を掻くしかない映画。80年代でももっと上手い方法があったように思える。

(Unknown:ビデオにて鑑賞, 6/14/12:DVDにて再見)