SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Seven Pounds / 7つの贈り物 (2008)

Cast >> Will Smith (Ben Thomas), Rosario Dawson (Emily), Woody Harrelson, Michael Ealy, Barry Pepper ...
Director >> Gabriele Muccino
Writer >> Grant Nieporte
Producer >> Todd Black, Will Smith, James Lassiter, Steve Tisch, Jason Blumenthal
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

His enigmatic seven pounds has whole a lot love and hope
ベン・トーマス(ウィル・スミス)はIRS(税務署)に勤め、未納税者を調べて支払いをしてもらうようにしていた。しかしベンには他の理由で7人を探しているようだった。その1人がエミリー(ロザリオ・ドーソン)だった。またベンの弟(マイケル・イーリー)は逆にベンを探していた...

最後の最後まで謎めいている。私はなぜベン・トーマスという男をスクリーンで眺めているのか...ラスト15分まで分からずに居る。でもなぜか不思議と最初からベン・トーマスに釘付けになっている自分も居る。なんでベンが悲しげなのか、私にはその訳が知りたかった。でも訳は割りとすぐに感づく。それでも釘付けにする魅力を持っている。様々な謎だけでなく、ラブストーリーとしても見れて色々な要素をこの映画は持っているからだと思う。ラブストーリーと一言に言っても、そこには男女間の愛もあれば人間の愛、地球の愛、家族の愛、自分自身への愛と色々な意味が含まれている。またその愛とは一体何なのか... そこだけはこの映画では謎めいたものにしていない。ハッキリとした断固とした愛がある。

人間は罪を償うことは出来るのか?そこまでする事はあるのか?しかし愛はいつまでも残る可能性を感じた。自分の人生について思わず考え直したくなる。だが暗い映画館を出て、明るい外の大地をしっかりと踏んだ時、なぜか清々しい気分にさせてくれる希望に満ちた作品だ。


(12/22/08:劇場にて鑑賞)