SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Under the Cherry Moon / プリンス/アンダー・ザ・チェリー・ムーン (1986) 1077本目

テレビで放送した時に夫とケラケラと笑いながら見てしまったのが、このプリンスの作品。面白いよね。世の中では酷評だけど、嫌いじゃない。ここまで自分のやりたいように作ってしまうと、愛くるしく思う。プリンス好きだしね。

もうさ、プリンスがジゴロっていう設定が面白過ぎるんだよね。普段はレストランでのピアノ弾き。狙った年増な女性に対してエロくピアノを弾くプリンス。でもドタバタコメディも見せちゃうプリンス。狙った女性を嫉妬させて、気を惹かせるプリンス。入浴シーンというお楽しみシーンまで見せちゃうプリンス。キスシーンがやたらと長いプリンス。全部プリンスなの。

でもエロく聴かせるプリンスが好きなファンは沢山居るし、彼の専売特許。でもまさかプリンスにユーモアがあったなんて、「シャペル・ショー」以前だったこの映画の公開時1986年には驚きだった。男性の入浴シーンがお楽しみになるなんていうのは、プリンスだけが許されていた事。キスシーンがやたら長いのは名曲「KISS」が生まれたから。全部プリンスだけが出来る事。

多分1986年には先を行き過ぎていたんだと思う。理解出来る人が少なかった。誰だったか忘れてしまったんだけど、アメリカのコメディアンが「昔はみんなプリンスの事をクレイジーだって言ってたけど、今はみんな彼の事普通に認めているだろ」って言っていて、そうだよねって思った事がある。モノクロで昔の映画のオマージュなのだけど、ファッションや音楽は最先端。プリンスはとかく誤解されやすいアーティスト。謎めいているからだと思う。あの「Wrecka Stow」の所とか謎だけど、そういう所がやっぱりプリンスだよね。その自分のイメージを逆手にとって作ったのがこの映画だ。プリンスのファンは、名作「Purple Rain / プリンス/パープル・レイン (1984)」よりもこっちが好きだという人も少なくない。あちらはプリンスの半自伝的な作品なのでストーリーがしっかりしている。こちらは少々単純なストーリーではあるけれど、プリンスが歌う曲がこの映画のメッセージ。「愛が全てを征服する」のだ。

しかしプリンスは車の運転上手いのね。そして車で制止棒を突っ切る時のプリンスの表情が、滅茶苦茶可愛い。あれもプリンスだけだよ、許されるの。うちの夫は、「プリンスはたまに女性よりもプリティな時がある」と言った。敢えて日本語に訳さずにプリティにしてみた。そう、プリンスはプリティなのだ!

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:1/21/13:DVDにて鑑賞)