SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Strange Fruit / 日本未公開 (2004)

Cast >> Kent Faulcon (William Boyals), Berlinda Tolbert (Emma Ayers), David Raibon (Duane Ayers) ...
Director >> Kyle Schickner
Writer >> Kyle Schickner
Producer >> Kyle Schickner, Alex Boling, Jon Finck

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 3

Black bodies swinging in the southern breeze
バイユーの畔にある同性愛者達が集う飲み屋の近くで、ケルビンが殺された。しかし閉鎖的で差別的な地元の保安官は、捜査をすぐに止めた。ケルビンの幼い頃の親友で、今はニューヨークで弁護士として成功しているウィリアム(ケント・ファルコン)がルイジアナに戻ってきた。友人の死に疑問に思ったウィリアムはルイジアナに残って捜査をしていくが...

インディペンデンス系の同性愛がテーマの作品。監督も主演も誰もが知るという人達じゃない本格的なインディペンデンス映画だが、中々見ごたえがある。ただテーマもストーリーも中々興味深く面白いが、テンポが遅いので長く感じてしまう。また折角ルイジアナのバイユーが舞台なら、もうちょっと美しい神秘的な映像があっても良かったかな?とも思った。
しかし、同性愛と南部というメインテーマに、物語が意外性を秘めていて面白かった。同性愛者達への偏見、そして南部というイメージへの偏見。色々な偏見を面白い形で崩してくれている。

ビリー・ホリデイは1939年に「奇妙な果実」を人種差別を訴える形で歌い続けた。そして2000年を今日、別の形の「奇妙な果実」が南部の風...いや世界には揺らいでいる。

(11/08/08:DVDにて鑑賞)