SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Mixing Nia / 日本未公開 (1998)

Cast >> Karyn Parsons (Nia), Isaiah Washington (Lewis), Eric Thal (Matt), Diego Serrano (Joe) ...
Director >> Alison Swan
Writer >> Alison Swan

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Mixing Nia with Neo Soul Vibes
ニア(キャリン・パーソンズ)はニューヨークの大手広告代理店に勤めていた。会社で耐えられない事が起きてあっさりと辞めた。作家を目指すも書きたい事も定まらず、下の階に住むミュージシャンのジョーがうるさいのもあって中々進まなかった。ワークショップで出会った黒人教授ルイス(アイゼイア・ワシントン)のアフロセントリックで聡明さに惹かれてデートにこぎ付けたが、黒人の母と白人の父の間に生まれたニアにとっては、どちらも心地よくそして居心地が悪く...

主人公のニアはミックス(混血)であるが故に混乱している。意識しない時には自分で居られるが、「人種」という壁にぶつかるとどちらが自分なのか分からなくなる。人に言われて黒人だと意識するようになると、髪型ですら毎回変わってしまう。それ程に彼女は混乱しているのだ。その中で出会ったのがアフロセントリックな黒人のルイス、そして元同僚で同情している白人のマット、そしてミュージシャンのジョー。様々な人種が住むと言われているニューヨークですら彼女の居場所は無い。
そういうニアの混乱と苦悩を上手く時代に合わせて表現している。そして好きな人からの留守電を何度も聞いてしまうシーンは、同じ女性として胸がキュンとなる。そして最後、自分の居場所を見つけたニアが最高にカッコいい。

人種を超えて自分が自分でいられる自分の居場所を探すために、人は恋するのかもしれないと感じた。またその可能性を感じられる。

(Unknown, 9/20/08:DVDにて鑑賞)