SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Good Man Is Hard to Find / 日本未公開 (2008) (Video) 9本目

Vシネ...あっ、違ったコードブラック製作の作品です。このコードブラックという制作会社、殆どがビデオスルーの作品を扱ってます。たまーーにいい作品が出てきますが、大抵はビデオスルー納得の作品が多いです。ちなみに今度公開の「Mama, I Want to Sing! / 日本未公開 (2012)]も、このコードブラックが製作です。この作品は... うーーーん。

内容はそんなに悪くないと思う。たまに間延びする場面やセクシーな場面がやたらと多いけれど、まあ普通だと思う。でも主役の2人がね...残念。ダレン・ヘンソンは、素敵なのだけど、良く涙を流す。こういう恋愛物で男性が涙を流すのは苦手なのですわ。Mr. Sensitivity事、ラルフ・トレスバントのあの曲もラルフも好きだけど... ああやって泣かれると違う!って思うんですよね。っていうか、恋愛で泣かれると「ウザっ」って思ってしまうんです。ゴールデン・ブルックスの主役は...ね。無いんですよ、主役を演じる程のカリスマ性とか美しさとか...(あっ、言っちゃった)。いや、綺麗じゃなくってもカリスマ性のあるクイーン・ラティファとかウーピー・ゴールドバーグとか居るじゃないですか... もうちょっと若い所だとティーシャ・キャンベルとか。みんなカリスマと才能で主役張れるじゃないですか。違った意味ので女性の憧れを演じてくれてるじゃないですか。演技もそんなに...ですよね。何か今日は辛口。でも、その分脇役の人々が良かったです。歌手のデボラ・コックスが演技も中々だったし、役柄も美味しいし、ゴスペルを歌う時は出し惜しみしないし。もう1人のメリッサ・デ・ソーサも可愛い。メル・ジャクソンはコードブラックの哀川翔やね。今回みたいなコミカルな役やらせても良し、憎たらしい悪役でも光るし。ダリアス・マクラリーには思い入れがあります。大好きなシットコム「Family Matters」のエディ役。今よりも教会物が流行る前に「Something to Sing About」という映画にも出てました。最近では、数々の有名人との性を暴露して本の中で滅多切りしたカリン・ステファンズと付き合っているらしく... その男性経験豊富なステファンズにして、ダリアスは一番最高!と言わせた男。何か益々声が低くなってましたわ。酒焼けか?と思ったけど、それが役柄とピッタリなんですわ。ヒル・ハーパーも出てます。これが「小木じらし」ならぬ、「ヒルじらし」を見せてくれてます。ああいうバッピー(Buppie)な役が似合いますこと。

教会のシーンも沢山出てきます。牧師を演じたのが本物の牧師。なんでもグレース・ジョーンズの双子の兄弟らしいです。全然似てないですよ。「ブーメラン」のグレースみたいにパンツ...とかそういう感じではなく、物凄く落ち着いた品格のある牧師さんです...って当たり前か。その牧師が説教しているシーンが、他とはちょっと違う映像でドキュメンタリーチックな感じで面白かったです。

こういう恋愛における説教映画って、みなさんお好きですか??私は苦手かも。恋愛って確かに難しいかもしれないけれど、それぞれお互いが思い合って、気持ちと存在を尊重していくものだと思うんですよね。確かに長年一緒に生活していると、イラっとする事もあるけれど、気持ち次第じゃないですか?私はちょっとこの主人公の2人と同じ位の結婚生活だけど、分からなかったかなー。特に、レイチェルのわがままぷり。私もかなりのわがままだとは思うけれど、あれはないね。恋愛は失敗も成功の内だと思うんですよね。でも成功した数...というか内容の大きさが大きい方が素敵な女性になれるとは思う。むかつく男性に出会ったら、時間勿体ないのですぐに忘れましょう。

感想はこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)