SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Silly Season

Silly Season... 特にニュースが無い時にどうしようもないSilly(馬鹿げた)ニュースが蔓延する時期の事を言う。

昨日の記事を書いた後に日本のヤフーを見たら、トップに「オバマ氏 恩師に「絶縁宣言」」と書いてあった。そんなに大切な事なんだろうか...と不思議でたまらなかった。

「政府が黒人など少数派を虐殺するため、エイズウイルスを作り出した」とライト師が発言したらしい。

いや、日本だけじゃなくてもちろんアメリカでもトップニュースで伝えている。

オバマ自身が発言したものではない。今までのオバマの演説や書籍を見た者に、ライト師の問題発言と同じ物を感じた者はいるのだろうか??いやその影でも感じた者はいるのだろうか?

FOXやCNN、ヤフー(特にアメリカの)に言いたい。残念ながら、投票用紙にはジェレマイア・ライトの名前がない事を。

それよりも、今アメリカは経済難で、4月の経済の伸びがたったの0.6%と発表されたばかり。その理由には、もちろんジェレマイア・ライト師の発言が...な訳ではなく、やはりガソリンの高騰が一番の問題だと思う。それに対して、ジョン・マケインヒラリー・クリントンが推薦しているガス・タックス・ホリデイという案がある。車を利用する事が多い6月からの夏場のホリデーシーズンのみ、ガソリン税を減税し小売価格を下げるという案。昨日の集会でもオバマは言っていたが「今安くして小売を伸ばしてもその夏場を過ぎると枯渇になり、しわ寄せによりそれからずっと今よりもガソリンの値段が上がる事になる」と指摘している。そのオバマの発言を後押しするように、経済学者達がその案を分析して批判している。1人でなくて沢山の経済学者が「マケインとクリントンの案は酷すぎる」と発言している。

http://news.yahoo.com/s/nm/20080430/pl_nm/usa_politics_gastax_economists_dc_1

が....主要ニュースで語られる事は少ない。本当ならば、このことについてマケインとクリントンがもっと糾弾されるべきなのに、2人共にそれから逃れている。

後、ジェレマイア・ライト師について書き加えたい事がある。実は問題発言の前にPBSのインタビューに答えたり、NAACP(全米有色人種地位向上協会)の会議に出席して演説をしている。NAACPのは見逃したが、PBSのインタビューは少し見た。落ち着いて話していてとっても紳士的だった。うちの夫がたまたまジムにてそのNAACPの演説を見ていたらしい。夫は普段は自分から政治の話はしないが、その日ばかりは「見た?」と聞かれ、見てないと答えると、凄く興奮した感じで「物凄く感動的なスピーチだったよ」と話していた。オバマのサイトでもNAACPでのスピーチは良かったという感想が寄せられていたので、きっと良かったんだと思う。ところがまるで別人のようにその問題発言をした講演は、どうやらヒラリー支持者が主催の講演だった...という事も加えておきたい。

まあでも今まで黒人教会や全然有名でもない黒人牧師の話なんて興味もなかったメインストリームのメディアが、こぞってライト師の発言を取り上げ分析しているのは、皮肉的で滑稽ではある。前にも書いた通り、私の義母は説教師である。彼らの中でいつも聞く事がある。「今日は白人の人が教会に来ていたのよ...」と始まる。黒人の教会に白人が来ていたのはよっぽど珍しい事なんでしょうね。オバマが以前に「A More Perfect Union」のスピーチでも語っていたように「アメリカでは日曜の朝が一番人種によって分かれている時間」というのは、その通り。学校や会社、公共の場では公民権運動等の運動により分離はなくなったけれど、教会だけは分離したままだった。もちろん、それぞれの教会共に開放はしているのに... 宗教はそれだけ入り込めない世界だったのかもしれないし、お互いに入る事を拒んだのかもしれない。そういう事は討論されずに、ライト師だけが変人扱いされている。それだけにメインストリームのメディアの討論は建設的ではない。

でも政治ブログではちょっと様子が違う。デイリー・コスではパット・ブキャナンの「もしブッシュがライト師よりも人気なかったら、そちらの方が問題だ」という発言を取り上げている。NBCとワシントン・ジャーナルの調査結果で、オバマのライト師と「ビター」発言問題や、ヒラリーの信用性よりも、マケインとブッシュの繋がりを問題視する人が多いとの結果が出た為のブキャナンの発言である。また「ザ・ハフィングトン・ポスト」も創設者のアリアナ・ハフィングトンは、ライト師ではなく、イラクへ侵入する際にペンタゴンは軍アナリストを雇ってテレビに出演させて、イラク侵入を手助けするようなコメントをさせていたらしいというニューヨーク・タイムスの特ダネをなぜにメディアは報道しないのだ?という記事を書いている。もちろんライト師についての記事も沢山あるけれど、FOXやCNNのような扱いはしていない。

黒人の間でのこの問題の反応をサイトやブログで見てみた。ある人は「ライト師とオバマが黒人だからああやって言われるんだ...」と言い、「やっぱり黒人は大統領になれないんだ」という人も居た。一番多かった意見は「せっかく黒人候補が大統領にあんなに近い位置にいるのに、なぜ同じ黒人同士で足を引っ張り合うのだ...」という意見。

アメリカにとって宗教は主要であって、ライト師とオバマを切り離して考える事が出来る人が少ないのも現実。それだけ密接している。

それにしても馬鹿げたニュースでこんなに散々騒いでいるのに、未だにオバマがモスリムだと思っている人が12%も居るらしい...