SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

...and I blame corrupt politics...

最近は何だかオバマ応援熱も下降気味... いやいや、もちろん応援はしているのだけど、どうにもならない感じが気持ちを覆い、何か力が入らなかった。というのも、ペンシルバニア以降、ヒラリー・クリントンが巻き返している。民主党内の支持率のギャラップ調査も今並んでいる状態。それまでは10ポイントも差を広げていたのに。うん、それはそれでいいのだ。それによって、今までずっと共和党オバマ1人に攻撃していたので、それを拡散するいいチャンスとさえ思っている。なんでも共和党はヒラリーなら余裕で勝てると思っているので、テキサスの時と同様にラッシュ・リンボーラジオパーソナリティ共和党支持者)がペンシルバニアでも党を鞍替えして、ヒラリーに入れるように呼びかけたとか?でも、そのヒラリーが下馬評では今やジョン・マケインに勝てる率が高くなってきた。なので、また一気にヒラリーへの風当たりが強くなるかも??

でももう代議士数でヒラリーが勝つ事はないと思うので、私は余裕ですけど...

とは言え、また共和党の横槍により、選挙では写真入りのIDが必要となる事になった。写真入りというのが、中々の曲者。写真入りでIDとして認められているのが、運転免許書か州発行のID、ミリタリーIDにパスポート。この段階で考えられるのが運転免許書だが、貧困層には持ってない人もいる。パスポートなんてものは論外。唯でさえアメリカ人のパスポート保持率は低い。州発行のIDは、私は持っていないのでどんなものか想像もつかないが、仕事を休んで取りに行く必要もあるだろう。新手の「投票の権利」を剥奪するものかもしれない法案だ。記事によれば、次のキーとなる選挙地区であるインディアナでは免許を持っていない人には、州IDは無料で10日間前後で発行しているとの事。でも、選挙は5月6日だから10日じゃ、間に合わないじゃん...って思うけど。なんかIDない人でもその日に暫定的な投票が出来て、10日以内にIDを提示するか自己のIDを証明する形で参加できるらしい。あー、ややこしやー、ややこしやー。これこそ、オバマが強調する共和党の「destruction(破壊)」行為よね。いや、わざとイラクでブッシュが探していたMass destructionって呼んであげようか?

http://news.yahoo.com/s/ap/20080428/ap_on_go_su_co/scotus_voter_id;_ylt=Aqh0XY1d9SzUiMmKQXzj38ys0NUE

マケインはズルイよねー。全く。オバマに向かって「貧困層の気持ちを分かってない」と言っている。よく言うわ。黒人層には全く人気ないので、副大統領候補にコンドリーザ・ライスが噂にあがったけれど、あっさり否定されてるし。なので、ハリケーンカトリーナの被害者を抱きしめたり必死。でも、そのカトリーナ被害者の税負担を軽くする法案にノーの投票をしたのは、マケインじゃないの.... ま、でもあんまり政治に興味ない人には、ああいう写真とか見せつけられたりしただけで、惑わされるでしょうね。ま、黒人層は惑わされないでしょうけど。今まで散々そうやって騙されてきたんですから。

でも今日は久々に時間が合ったので、オバマの集会のライブ放送を見た。CNNのサイトでストリーム放送で全部見れるんですよ。今日のは素晴らしかった。興味ないかもしれないですけど、いちよう「Rally」というのが、オバマが一方的に自分の政策を話す大々的な規模の大きい集会。「Town Hall」というのが、始めにオバマが自分の政策を短めに語って、その上で質問があれば一般支持者から受け付ける。今日のは「Town Hall」。ま、その手の集会で質問するのはいつも中年のオジサンとオバサンなのですが、オバマはそういう方々をいつもみのもんたのように「Young girls and guys」と呼んでいる。今日の質問者の1人が今日の午前までもやもやしていた私の気持ちをすっかり変える程だった。その女性は82歳の白人女性。オバマに指されるといなや、情熱的にオバマに向かって「貴方に心を奪われました。あなたに大統領になって欲しい」と延べ、観客はそのお婆様の情熱的な発言に熱狂。続けて「ヒラリーの言葉ややっている事には無視して欲しい。彼女は彼女で思うようにやればいい。でも貴方はそれよりも上なんだから!」、他の観客も立ち上がって手を叩く。その後、ようやく質問内容を述べて、また最後に「貴方の方に大統領になった方がいい。いや、貴方は大統領になるべきだ!」と発言していた。そのお婆様の情熱に、オバマも「僕の副大統領候補になりまんか?」と言っていた。ここの所沈みかけていた情熱を、見も知らずの82歳のお婆様に貰うなんて... しかもこのお婆様が、オバマが一番弱いとされている、60歳以上で白人で女性。中々面白いですわね。
冒頭の部分は切れてますが... そのお婆様の映像。私がテレビで見たのと、角度が違うので実際に現場に居た人が撮ったのかも...