SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Ghosts of Mississippi / ゴースト・オブ・ミシシッピー (1996)

Cast >> Alec Baldwin (Bobby DeLaughter), James Woods (Byron De La Beckwith), Virginia Madsen (Dixie DeLaughter), Whoopi Goldberg (Myrlie Evers), Susanna Thompson (Peggy Lloyd), Craig T. Nelson (Ed Peters), Lucas Black (Burt DeLaughter), William H. Macy (Charlie Crisco), Ben Bennett (Benny Bennett), Darrell Evers (Himself), Yolanda King (Reena Evers), James Van Evers (Himself), James Pickens Jr. (Medgar Evers), Brock Peters (Walter Williams), Bill Cobbs (Charlie Evers) ...

Director >> Rob Reiner
Writer >> Lewis Colick

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

The Constitution will be color blind
1963年、ジョン・F・ケネディ公民権についてアメリカ国民に語ったTV中継の後の深夜、ミシシッピーのNAACPのリーダーであるメドガー・エバースが自宅前にて後ろから撃たれ亡くなった。すぐにバイロン・デ・ラ・ベックウィズ(ジェームス・ウッズ)が逮捕されたが、前州知事等の力により、2度の裁判も無罪となった。それから20年以上たった1986年の地方検事を務めるボビー・デローター(アレック・ボールドウィン)の元にこの事件の再調査が命じられた。最初は戸惑うデローターだったが...

ドガー・エバース。キング牧師マルコムXと同じレベルで語られてもおかしくない経歴を残した人物である。だが、彼らと同じように語られる事はあまりない。生前も苦労し、死後も苦労したのは彼くらいかもしれない。ミシシッピーという差別が蔓延っていた場所で戦い、命を落とした。残念ながらこの映画では、そのメドガーの功績を知る事が出来ない。しかし、デローターという人物を通じて、ミシシッピーの蔓延っていた酷い差別の歴史には触れる事が出来る。確かに感動的に作られている。デローターの私生活を台無しにしてまでも法と正義というのに固執した1人の男の物語として感動出来る。でも、先に書いたようにメドガーの功績や魅力に欠けていた為に、デローターのセンチメンタルな面しか見えてこなかった。また、エバース家が戦ったその歴史に少し触れ、胸が熱くなるが、やはり主役はデローター。30年以上戦ったエバース夫人と子供達の屈辱を台詞だけに表現したのが非常に残念である。

ドガー・エバースは戦った。生前も死後も。タイトルのゴーストは、差別と偏見であって、そのゴーストは今でも不気味に存在しているように思う。

(3/14/08:DVDにて鑑賞)