SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Love and Action in Chicago / 日本未公開 (1999) (Video) 136本目

見た日が前後しちゃってますが、ごめんなさい。「Meet the Browns」の前に見たのがアンジェラ・バセットの夫、コートニー・B・ヴァンスのこの作品です。

ビデオスルーの映画なんですが、中々面白いんです。ビデオ発売された後に、HBO等でも放送していたと思います。何度見ても何かワクワクしちゃう映画です。何度も見れる程に見やすい映画というのもあります。コートニーも沢山の作品に出ていますが、この映画が彼の作品の中では歴代3位には入ると思う位好きです。相手役のレジーナ・キングが可愛い。元々レジーナ・キングは大好きな女優さんではあるけれど、この作品で益々好きになりました。レジーナ・キングは、女性が好きな女性像なんじゃないのかな?といつも思います。普段は知りませんが、映画での彼女はいつも素敵。

硬派なアクション映画ぽい雰囲気なんですが、中々のコメディ。お茶目なコメディです。ドタバタコメディではなく、何か些細な事が面白いコメディ映画です。上手く出来たロマンチック・コメディなんですよ。コートニーが演じた役が可哀想な位に真面目な男。何か真面目だから憎めないんですよねー。ああいう不器用さは、逆に魅力になるのかもしれません。

後、ミズ・ハスキー・ボイスのキャサリンターナーもこの役にぴったり。何かちょっと破天荒な所が好き。

コートニーの最後のダンスを見ながら、エンディングクレジット見ていたら、ハリー・J・レニックスの名前を発見。「モー・マネー」やら「ファイブ・ハートビーツ」に出ていた俳優さんです。最近では、もっぱらオバマに似てると話題になってますが... そのレニックス、出身はシカゴなんですよね。「Additional Research」でクレジットされてました。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)