SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Meet the Browns / 日本未公開 (2008) 135本目

週末に見てきました。思っていたよりも面白かった。思っていたよりもラーメン頭リック・フォックスがかっこ良く見えた。思っていた以上にアンジェラ・バセットの息子役を演じたランス・グロスがかっこ良かった。
でも...
思った以上にマディアおばさん出てこないし、思った以上に主役である筈のミスター・ブラウン事、リロイ・ブラウンが出てこなかった。で、この前、タイラー・ペリーのTV番組「House of Payne」ともシンクロしてると書いたけれど、思ったよりもシンクロしてなかった。テレビでの主役を演じているラヴァーン・デイビスは登場してきたけれど、その程度。テレビではデイビスの息子を演じているランス・グロスとの絡みもなし。

まー、でもやっぱりアンジェラ・バセットですよ。見せますよ。息子役のランス・グロスとの一騎打ちは見応えがありました。ランス・グロスが演じた役がやたらと良かったのもあるんですよね。プレミアで、なんで出演していないモデルのエヴァ・ピッグフォード(Crossoverとかジェイミー・フォックスのPVとか)が居るの?と思ったら、ランス・グロスの彼女らしい。まあ、モテル筈ですよ。マジ素敵でしたもの。リック・フォックスも役がカッコいいんだけど、ボソボソと声が篭るので、それが勿体ない。「Why Did I Get Married?」でジル・スコットを射止めた男が、今回も出てました。舞台版ではあの役はもっと大きいのに、映画ではチョイ役になっていて可哀想。タイラー・ペリーは男前が好きなのかも。

何か無理やり「ブラウン家」をくっつけた感じもしたのが、勿体無い。リロイ・ブラウンのハチャメチャさと、L.B.のタフなオヤジぶり、ヴェラの言いたい放題で大胆な部分...そういういい部分のブラウン家がなくなっていたのが残念な感じ。でも、舞台の「Meet The Browns」のいい部分の骨組みは残っていた気はする。家族の大事さとか、家族の支えとか。そういう部分。
舞台版はいつも庶民的なのに、映画になるといつも成功した女性を出していたタイラー・ペリー。今回はかなり庶民的で、私は好き。

私が見た劇場では、みんな半々って感じがした。手を叩いて喜んでいる人も居れば、結構クールな人も居て...

でもその設定がタイムリーかな?シカゴ出身の女性が、自分の勤めている工場がメキシコへ移転になって... まるでバラク・オバマの演説そのまま。

感想はこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)