SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Be Kind Rewind / 日本未公開 (2008)

Cast >> Jack Black (Jerry), Mos Def (Mike), Danny Glover (Mr. Fletcher), Mia Farrow (Miss Falewicz), Melonie Diaz (Alma) ...
Director >> Michel Gondry
Writer >> Michel Gondry

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Please Be Kind Rewind and Play Together!
マイク(モス・デフ)は、ジャズの伝説ファッツ・ウォーラーが以前に居たと言うフレッチャー(ダニー・グローバー)のレンタルビデオ店「Be Kind Rewind」で働いていた。マイクの友人ジェリー(ジャック・ブラック)は少し変わっていて、近くにある発電所のせいで脳が侵されていると信じていて、ある夜に発電所に忍び込み破壊しようとしたが、失敗し自分が磁石人間になっていた。丁度その頃フレッチャーは用事で出かけて、マイク1人に店を任せていた。ジェリーが店に入ると彼の磁石のせいで、店のビデオが全部消えてしまい...

ミシェル・ゴンドリーのおもちゃ箱のような映像と遊び心が最大限に生かされている。映画のもつ面白さを「映画を実際に撮ってしまう」という行為を得て、引き出されている。実際に撮っている人たちの面白さが見えるから、見ているこっちもなんだかワクワクしてくる。全くの素人達が映画を撮る、そしてその面白さが町の人たちに伝わっていく面白さ、その引き込まれていく感じを、スクリーンを通して観客にも十分に伝わり、観客も引き込まれているのを感じる。それは、マイクとジェリーとフレッチャーが魅力的な素朴で真面目な人だったから余計に観客は引き込まれてしまうだろう。でもフレッチャーは素朴ながらも、大人としての現実的な面も持っている、それでもマイクとジェリーの素朴さに付き合う大人で、最後にはその素朴さが町の人々を惹き付けた事を知る。

実際に自分達で行動を起こすという大事さ、でもそこには現実の厳しさが待っている。でも希望を持った人々の心に火をつけ、またもや行動を生む。自分の信じている事に向かう人々の顔は美しい。困難を成し遂げたからこそ、他の人々の心を掴む事になる。ミシェル・ゴンドリーのおもちゃ箱のような映像と遊び心は、ここでは非常に暖かく優しい。

(3/8/08:劇場にて鑑賞)