SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Meet the Browns / 日本未公開 (2008)

Cast >> Tyler Perry (Madea / Uncle Joe), Angela Bassett (Brenda), Rick Fox (Harry), Jenifer Lewis (Vera Brown), Lance Gross (Michael), Irma P. Hall (Kim), David Mann (Mr. Brown), Tamela Mann (Cora), Lamman Rucker (Will) ...
Director >> Tyler Perry
Writer >> Tyler Perry
Producer >> Tyler Perry, Reuben Cannon ...

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Realistic meet Unrealistic
ブレンダ(アンジェラ・バセット)は、3人の子供を抱えシングルマザーでシカゴの町で頑張っていた。ある日、ジョージアに居るという会った事もない父が亡くなったという知らせを、異母兄弟のL.B.(フランキー・ファイゾン)から手紙で受けた。手紙には、バスのチケットも入っていた。丁度、働いていた工場閉鎖により、仕事を失ったブレンダは3人の子供と共にジョージアに向かう...

この映画が現実的じゃないという人が多い。確かに、ジェニファー・ルイスの演じたヴェラおばさんは、やりすぎだったかもしれない。あり得ないかもしれない。でも、アンジェラ・バセットが演じたブレンダが現実的じゃないという意味だったら、きっと世の中に対してナイーブだと感じる。彼女のように悪循環に陥っている女性は沢山居る。ブレンダの友達のように言いたいことだけを言うのではなく、ブレンダみたいに内に沢山秘めている女性だって多い。でも、その悪循環の出口が、息子のバスケットボールでの成功というのは、さすがにやっぱり現実離れしていると思う。その出口の部分だけは、もうちょっと現実的だと観客もより一層ハッピーな気分になれたと感じる。でもその息子と対立するシーンは、息子がいる人にとっては現実的であり、見応えがある。

現実と非現実的な部分が交差する。それはもちろん、タイラー・ペリーの信仰に則って出来た作品なのだ。でも1つ言えるのが、ブレンダという人は現実的であり、あるべき姿だと思った。だからこそ、ハッピーエンドな非現実が生まれたかもしれないと思う。

(3/22/08:劇場にて鑑賞)