SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Runaway / 日本未公開 (1989) (TV) 134本目

100本映画を整理していたら、間違いを2箇所も発見。うーん。今回はちゃんと確認していたつもりだったのに。でも増えてるからいいか。あと16本なり。

この作品、以前に偶然にテレビで放映していたのを見てやたらと感動した。でもその頃には、まだIMDBにも情報が載っていなかったので、もう見れないと諦めていた。でもずっと気になっていて、この前調べたらなんとIMDBにもこの作品が掲載されていた。何度か調べていたら、この作品がDVDになってる事を知った。頑張ってみるものですね。

アメリカ版ホームレス中学生というか... この主人公の場合は、巻きふん公園ではなく、ニューヨークの地下鉄に潜ります。この作品の主人公は父親に「解散!」と言われた訳ではなく、責任を感じて家出した。責任なんて感じる必要のない13歳という年齢なのに。というか、本当に彼の責任じゃないのに。自動販売機の下を探るのではなく、この主人公の場合は生きていく上での勘というか...新聞紙を集めて売りさばき自分で稼ぐ事を覚えていきます。でも...上手くは続かないというか、そこはやっぱりタムちん(麒麟の田村裕)を救った友人の両親のように、ちゃんと救ってくれる大人が存在します。タムちんと同じで、この主人公の男の子も、その前の行いが良かったから救ってくれる大人が存在する。

何か映像も音楽も80年代チックなんです。地下鉄のシーン等では、「Beat Street / ビート・ストリート (1984)」の地下鉄でのブレイクダンス対決を思い出すサウンド。ピコピコですよ。ま、ジャスミン・ガイが出ているってだけでも、80年代色が満載というか...

久しぶりに見てもやっぱり面白かった。私、この手の70年代とか80年代のティーンの家出モノが結構好きなんですわ。「Dawn: Portrait of a Teenage Runaway」という70年代のティーンの家出モノなんですが、こっちは田舎から家出してきて都会で売春婦になっちゃう、もっとドロドロした青春映画です。これね、もう1度じっくりみたい。評判が良くて、その次回作が「Alexander: The Other Side of Dawn」という、今度は男の子が体を売る、もっともっとドロドロした青春映画でした。日本語では「大都会の青春」と「続大都会の青春」だったと思います。2夜続けて深夜に放送されて、テンションあがったのを覚えてます。2つあわせて一気にまた見たいんだけど、Ebayでも高いんですよね... こちらもDVD化してくれないかしら?ちなみに主役のドーンを演じたのが「I'm Gonna Git You Sucka!」で、カリンガでしたか?クラレンス・ウィリアムス・3世(アメリカン・ギャングではバンピー・ジョンソン)の妻役でした。はー、見たい。

感想はこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)