SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

遥かなアメリカ / 猿谷要

遙かなアメリカ―ある歴史家の回想

遙かなアメリカ―ある歴史家の回想

大好きな猿谷要氏の回想録です。「尊敬」という言葉は在り来たりで、それを通り越して大好きなんです。日本にも「アメリカ学」そして、特に「アメリカ黒人学」を研究されている方は沢山いっしゃいますが、猿谷氏はそのパイオニアとも言える。私は越智道雄氏も好きなんですが、彼の文章がパワー溢れる「ガツン!」とくる文章だとしたら、猿谷氏の文章は優しく上品ながらも物凄いエネルギーを感じる言葉。その猿谷氏のエネルギーは、やっぱりアメリカが生んだものなんだろうなーと思いました。
今回は、そのアメリカの話、大好きな奥様の志満さんとのお話、アメリカの日系社会、南米への旅など等... とっても為になる面白い話ばかりでした。特に中国に出向いた時の「どこの国でも一般大衆が戦争を望むということは、絶対にありえないのだ」という言葉が、胸に強く刺さった。
そして多くのアメリカ人やその他の国の人々と長年に渡るお付き合いをしているのを見ると、猿谷氏の人柄も伺えるようだった。私も夫の仕事柄、引越しが多く、その分人と交わる事も多いのだけど、この猿谷氏のように長年という訳にはいかない。私の性格もあって、どうもその場限りとなってしまう。さらに、猿谷氏の長年の研究を支えた奥様の姿には、私は見習いたい部分が多い。
もう物凄く感動して、エネルギー沢山貰ったけれど、上手くコンパクトにそれをまとめる事が出来ない自分を情けなく思う。でも一つだけ言えるのは、この猿谷氏が日本でのアメリカ研究のトップであった事は、我々にとってラッキーな事だったと思わずにはいられない。猿谷氏が放電したエネルギーは、こんな私にも宿っていて、いつか放電出来る筈。