SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Conviction / スラム・ジャスティス (2002)

Cast >> Omar Epps (Carl Upchurch), Dana Delany (Martha), Charles S. Dutton (McGill), Anthony 'Treach' Criss (Tank), Kyle Kass (Demetrius Conamacher) ....
Director >> Kevin Rodney Sullivan
Writer >> Carl Upchurch, Jon Huffman
Producer >> Nick Grillo, Robert Rehme ....

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

End of Niggerization
カール・アップチャーチ(オマー・エプス)は、生まれる前から犯罪の世界に暮らしていた。物心ついた頃に、友人が殺されたのをきっかけに、自分も犯罪の世界に身を投じていく。そして人生の大半を牢獄で過ごす事になった。ある時、シェイクスピアの本を手にしたカールは、言葉の面白さにどんどんとのめり込んでいった。牢獄の中で高校を優秀な成績で卒業したカールに、奨学金を申し出る大学があり、そこに行く事になったが...

Niggerizationとは、この映画の冒頭でも語られる言葉。なので不快に思わないで欲しい。彼が使用したのも、自分が生まれ育った環境を表したかったようだ。この環境を断ち切るのは、容易でない。上の映画の要約からでも分かるように、マルコムXと似た環境だ。「The Education of Sonny Carson/番長ブルースUSA」や「Redemption/クリップス」なんかと同じ種類の映画。こうやって、人生をやり直す人も多いのが分かる。でもこの映画が、他とはちょっと違っていて面白いなって思ったのが、主人公が立ち直った時にでも、何度か失敗しちゃう部分。やっぱり世の中って甘くないっていうビターな部分がある。それでも、新しい人生を勝ち取った主人公の強い姿には、やっぱり感動する。Niggerizationとは、Vicious circle(悪循環)の事だと思う。悪循環を断ち切るその努力は素晴らしい。彼の場合は、その悪循環を自分の中だけでなく、世の中まで幅を広げて活動した。

彼は志半ばで、映画が放送されてからまもなくして亡くなってしまった。けれど、この映画を見た若者の心に何かを残してくれるに違いない。1人でも多くのNiggerizationを救ったように思える。

(12/17/06:DVDにて観賞)