SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

A Day in the Life / 日本未公開 (2009) 607本目

うひゃー。
とDVD発売一覧を見ていて思ったんですよ。キャストを見ましてね。私の同世代の主演男優でそして36歳のお誕生日おめでとうのオマー・エプス(マーロンもおめでとう!)とMekhi Phiferが同じ映画で共演ですよ。こりゃ見なきゃなって、うひゃーと興奮した訳です。所が残念、2人が同じスクリーンの中で共演しているシーンはありませんでした。コケタね。悲すぃ感じ。しかし...やっぱり2人はいいね。同世代だけについつい応援しちゃうわ。オマー・エプスの「ジュース」のQとMekhi Phiferの「クロッカーズ」のストライクは神だったね。オマー・エプスは他にも沢山佳作があるけどね。ところで、同世代の女子達!どっち派?どっちかに分かれるでしょ??私はオマー派なんですわ。さすがに「クロッカーズ」の時には揺れ動きましたが... でもやっぱりオマーですかね。この映画でも2人共、カッコいい役を演じているんですわ。Mekhi Phiferが、ゴルゴ13みたいなスナイパーで、オマーが元悪で今は引退でレストラン経営している人で現役悪達のメンター。ところで、この映画を触れる時に一番最初に触れないといけない事なんですけど... この映画はラップのミュージカルなんです。うん?ミュージカル??ミュージカルというと、芝居の途中で突然歌い出したり...ですが、この映画はほぼ全編90%の確立で台詞がラップなんです。うん?ライムが台詞?...という新しいスタイルの作品。よって、出演者全員がラップしてます。それはオマーやMekhi Phiferもですよ。そのオマーのラップが好きかも。ライムの踏み方とか力の抜き方とかもう私のツボ。素敵。何しても素敵!

所で... 主役はその2人でなく...ONYXのスティッキー・フィンガーズ。「Blade」がTV版になった時にBladeに抜擢されたり...と俳優の方が有名になってしまいましたね。しかもスティッキーの監督初挑戦。だからラップで映画という新しい試みをした訳なんですよ。俺が映画作るならラップだろーが!という感じです。サントラも8月に出るらしいです。オマーの部分もあるなら買いたいわ。彼の人徳な部分がこの映画を占めている気がしましたね。オマーやMekhi Phifer以外にも、かなりの豪華キャスティング。ONYXのメンバーで従兄弟のフレドロ・スター(彼も俳優として活躍中)はもちろんの事、ボキーム・ウッドバイン(彼の名前を見つけた事も見る気になった一因)とか、「Friday」のビックワームのファイゾン・ラブに、Mekhi Phiferの元妻で現D-Niceの妻マリンダ・ウィリアムス(彼女のラップも中々)、クラレンス・ウィリアムス3世(パープルレインでプリンスパパ)、レイJ(こいつはまあいいか)、「The Wire」等で人気急上昇中のマイケル・K・ウィリアムスとか、ホワイト・マイク事マイケル・ララポートとか、トリーチとか、タイリン・ターナー(メナスIIソサエティのいちよう主役)とか、ロバート・デ・ニーロの娘とか、リル・ゼイン(今何してるの?)とか、Kuruptとか...もう一杯。これは絶対にスティッキー・フィンガーズの人徳。でもね、こんだけ豪華なのにスティッキーの相手役が無名。というか、元スティッキーの彼女。ちょっと前にテディ・ライリーとマイスペースで知り合って結婚...でも2ヶ月でお別れ。その前にはタイリースとかアッシャーとかとも付き合っていた女性。綺麗というか...何と言うか。チャカ・カーンみたいな感じで小さいけれど、出てる所は出てます...みたいなコンパクトグラマラスな感じの女性。はっきり言います。ちょっとチープな感じ。←がこの映画を物語ってしまってるんですよねー。せっかくの豪華キャストなんだけど、物語も在り来たり。せっかく全編台詞をラップにしてしまうという斬新な事をしたのだから、これでストーリーがもっと面白かったら時代を変えちゃう作品になったかも...なんですよね。勿体ない。クラレンス・ウィリアムス3世が目茶目茶良い演技しているんですが...勿体ない。

とは言え、この作品2009年作品となってますが、撮影はもっともっと前だったんじゃないかな??というのも、スティッキーとその相手役の女性が付き合っていたのが2004年辺り。2005年に無くなっているラモント・ベントリーという若い俳優も出演してたりするので、撮影は2004年からやってたと思います。他にも2人もこの映画に出ていた人が亡くなってたりします。

この映画の最後でスティッキー・フィンガーズの名前の由来?が分かりますよ。何も汗とか甘いもの食べて「ベタベタした指」って訳じゃないのよ。そして、クレジットも見て最後の最後まで見る事をおススメします。そうなるだろうなーと思っていたら、そうなった。やっぱりねー。と、この映画の大体が予測可能。

と最初はテンション高かったんですが、最後にはテンションかなり低めに... 最後に気がついたよ。そういえば私、ONYXってあんまり好きじゃなかったんだ... あはは。フレドロもスティッキーも俳優としては好きなんだけどね...なんて言ったら「Bacdafucup」って彼等に言われるよね...

感想はこちら。(と思ったけれど明日以降に書きます)。

(3点/5点満点中:DVDにて鑑賞)