SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sparkle / 日本未公開 (2012)

Cast >> Whitney Houston (Emma), Carmen Ejogo (Sister Williams), Jordin Sparks (Sparkle Williams), Tika Sumpter (Delores Williams), Mike Epps (Satin), Derek Luke (Stix), Omari Hardwick (Levi), Curtis Armstrong (Larry), Cee-Lo (Black) ...
Director >> Salim Akil
Writer >> Mara Brock Akil, Howard Rosenman (story)
Producer >> Debra Martin Chase, TD Jakes, Curtis Wallace, Whitney Houston
Genre >> Drama
Country >> USA
Release (US) >> 08 / 17 / 2012

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

Solid remake
19歳のスパークルジョーダン・スパークス)はシンガーソングライターになる事を夢見ていたが、厳しい母(ホイットニー・ヒューストン)の反対もあり、中々一歩が踏み出せずにいた。年の離れた姉シスター(カーメン・イジョゴー)は美貌にも才能にも勇気にも恵まれ、地元のステージ裏にスパークルと居た。シスターはそのステージでスパークルが書いた曲を歌い、成功させる。その2人を見ていたスティックス(デレク・ルーク)はマネージメントをオファーする。スティックスは、彼女達のもう一人の姉妹ドロレス(ティカ・サンプター)も含めて、3人のガールズコーラスグループを企てる。その計画が当たり、彼女達はスターダムを駆け巡るが、シスターは人気コメディアンのサテン(マイク・エプス)に見初められ、仲良くしていたリヴァイ(オマリ・ハードウィック)を捨ててしまう。しかしサテンには裏の顔もあって…

オリジナルの同タイトル「スパークル」は70年代後半の隠れたカルト映画。その映画が元であの「ドリームガールズ」の舞台は作られたと言われている。オリジナルでスパークルを演じたアイリーン・キャラ、シスターを演じたロネット・マッキーは黒人の男性のアイドル的存在になった。そしてスティックスを演じたマイケル・フィリップ・トーマスの活躍は「マイアミ・バイス」などで知るところだ。オリジナルはハーレムが舞台だったが、今回は分かりやすくモータウンの本拠地のデトロイトに移し、年代もオリジナルとは10年程違う。なのであまりオリジナルに忠実には作られていない。残念ながら、オリジナルの名台詞「お母さんはゴキブリを見れば、ゴキブリだって分別できるのよ」という台詞はない。悪いサテンを意味する粋な台詞だった。しかし、母を演じたホイットニー・ヒューストンには歌がある。彼女が歌う有名なゴスペルは、やはり彼女の死を受けてか、劇場で涙を流してしまうのだ。そして今回、意外な才能を見せているのがマイク・エプス。彼の存在感と厭らしさ(良い意味での)は、この映画をミュージカル映画以上のものにしていた。

オリジナルを尊重した素晴らしい作品!という訳ではないけれど、新しい作品としてそこそこ見られる。オリジナルのようにカルト作品になるとは思えないが、ホイットニー・ヒューストンの遺作としては正解。彼女が居なくなって本当に寂しい思いを、観客はこの映画で経験することになる。

(8/19/12:劇場にて鑑賞)