SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Story of a Three-Day Pass / 日本未公開 (1968)

Cast >> Harry Baird (Turner), Nicole Berger (Miriam), Karell Jonathan Beer, George Birt, Jon Carlson, Muriel Gaines ....

Director >> Melvin Van Peebles
Writer >> Melvin Van Peebles

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 5

Shame on Hollywood!

フランスに在留しているアメリカ軍人のターナー(H・ベアード)は、キャプテンに週末3日間の休暇を許された。ターナーは、自分がキャプテンの言いなりになっているアンクル・トムだと感じつつも、休暇の為に耐えた。パリの街をぶらつくターナーだが、フランスに住む同じ黒人からも無視され、面白くない休暇を過ごしていた。たまたま入ったバーで、女性に一目惚れするも、すぐに断られた。次に声をかけた女性の前で、大事なサングラスを落として割ってしまう。その女性ミリアム(N・ベルジェ)はサングラスを拾い、ダンスの誘いを仕方なく受けた。ダンスや会話をするうちに打ち解けあい、ターナーはミリアムを海に誘うが...

「スウィート・スウィートバック」で近代ブラックムービーの歴史を築き上げたメルヴィン・ヴァン・ピープルスが、「スウィート・スウィートバック」の前に作った作品。
ハリウッドで映画を作ることを許されなかったヴァン・ピープルスが、フランスでは本を出版すれば、映画監督になれることを知り、フランスに渡り本を3冊出版し、念願叶ってフランスで映画監督となり製作したのが、本作品だ。ヴァン・ピープルスがフランスに渡る前まで居た古巣サンフランシスコの映画祭で絶賛された、皮肉的な映画でもある。
作品は、ヴァン・ピープルスらしい斬新な映像が満載だ。斬新ながらも、なぜか小さい頃にみた「小さな恋のメロディ」の時のような、胸のときめきを感じた。恋など知らないあの頃に感じた、あのドキドキ。まさか、ヴァン・ピープルスの映画で感じるとは、思ってもいなかった、あのドキドキ。たまに聞こえる、聞きなれないフランス語に騙されているのか?セーヌ川に騙されているのか?主役の女優の無邪気な笑顔に騙されているのか?ヴァン・ピープルスの音楽に騙されているのか?不思議なドキドキがある。

主人公の男性の二面性(Twoness)を上手く生かした映像であり、内容でもある。

ハリウッドでは、絶対に作らせない面白すぎる作品だ。

(1/24/06:DVDにて観賞)