SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hangin' with the Homeboys / N.Y.キッズ・グラフィティ (1991)

Cast >> Doug E. Doug (Willie Stevens), Mario Joyner (Tom McNeal), John Leguizamo (Johnny), Nestor Serrano (Vinny/Fernando), Kimberly Russell (Vanessa), Mary B. Ward (Luna), Reggie Montgomery (Rasta) ....

Director >> Joseph B. Vasquez

Writer >> Joseph B. Vasquez

Producer >> Richard Brick

総合ポイント >> 4.5/5点満点

Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 4

長夜の宴

仕事が見つからないウィリー、俳優を目指すトム、内気なジョニー、女性好きなヴィニーの4人は、それぞれ問題を抱えながらも、金曜の夜を楽しみにしていた。たった一日の夜が、彼等の全てを変えようとは思ってもいなかった...

一夜と男達をテーマにした映画は今までにもあった。「アメリカン・グラフティ」とか「ダイナー」、この映画の後になるが「ジャッジメント・ナイト」も、この映画に近いと思う。それぞれの問題を抱えている点では同じだけど、一つだけ他の映画と違うのが、彼等の人種だろう。アメリカ黒人2人とプエルトリカン2人が主役。さらに、プエルトリカンの1人はイタリア人だと言い張る。こういった社会問題も交えながら、個々の問題にも真面目に取り込んでいるので、物語が面白い。ウィリーは、何かと人のせいにして、自分が仕事が見つからないのは差別のせいだと言い張るが、そんな彼を叱咤するのは、黒人女性だったり、仲間の黒人だったりする。「お前が一番ダメなんだ」と仲間に言われて気が付く。

そんな問題を抱えながらも、男達が金曜日を楽しむ姿は楽しげだ。ラスタマンの助けで無理してクラブに忍び込んだりするシーンはワクワクする。

男達の秋の長夜の宴は、長いが儚い。

(8/5/05:DVDにて観賞)