SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Thomasine & Bushrod / 日本未公開 (1974)

Cast >> Max Julien (Bushrod), Vonetta McGee (Thomasine), George Murdock (Bogardie), Glynn Turman (Jomo), Juanita Moore (Pecolia) ...
Director >> Gordon Parks Jr.
Writer >> Max Julien
Producer >> Max Julien, Harvey Bernhard
Genre >> Western

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Thomasine & Bushrod were looking for a home, They had a love, love, love, love...
1911年テキサス。トマシーン(ヴォネッタ・マッギー)は、馬に乗った男を一発の銃弾で倒した。トマシーンはバウンティーハンターだった。そして元恋人のブッシュロード(マックス・ジュリエン)が1000ドルの大金でお尋ね者となっている事を知った。トマシーンはブッシュロードを探し、二人はまた一緒になった。二人は銀行強盗を働き、そしてそのお金で買った食糧を貧しい者達に分け与えていた。しかし連邦保安官のブガティが彼等を執拗に追っていたのだった...

「The Mack」のマックス・ジュリエンと「スーパー・フライ」のゴードン・パークス・ジュニアが挑んだ西部劇。これが素晴らしいロマンス映画でもある。マックス・ジュリエンと当時同棲していた女優のヴォネッタ・マッギーが相手役。二人の雰囲気が最高であるのは言うまでもないが、70年代のヴォネッタ・マッギーはどちらかというと可憐という言葉が似合う女優であったが、この映画では実に勝気な女性を見事に演じている。「The Mack」では当時黒人が搾取されていた麻薬問題に挑んだジュリエンが、今回は昔に戻り、黒人が搾取されていたものに立ち向かう。西部劇で黒人同士が愛を貫き、そして勇敢である。

しかもそれにスタイリッシュなゴードン・パークス・ジュニアの映像。美しいテーマ曲とスローモーションと、ジュリエンとマッギーの雰囲気に粋な台詞に、昔の写真の数々... 見事!夢のある西部劇でうっとりするのだ。

(2/9/13:TV放映にて鑑賞)