SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Between the World and Me / 日本未公開 (2020) (TV) 1782本目

原作が分からなかった人に薦めたい『Between the World and Me』

タナハシ・コーツといえば、今や説明も要らないくらい有名な作家であり、私にとってはマーベル・コミック版『ブラックパンサー』のストーリー担当の強者。そのタナハシ・コーツ著書『世界と僕のあいだに』を舞台化した作品を、テレビ映画化した作品。と書いても、意味が分からないと思う。『世界と僕のあいだに』は物語ではないのだから。舞台もそうなのだけど、『世界と僕のあいだに』を役者や歌手などの有名人たちが朗読しているのです。主演は、マハーシャラ・アリアンジェラ・バセット、アンジェラ・デイヴィス、アリシア・ガーザ、ジャレール・ジェローム、ジョー・モートン、ヤーラ・シャハディ、T.I.、ブラック・ソート、コートニー・B・ヴァンス、オプラ・ウィンフィリーなど。ちなみにですが、『The Equalizer 2 / イコライザー2 (2018)』で、デンゼル・ワシントン様演じるマッコールや、『ルーク・ケイジ』でもルーク・ケイジが読んでいたのが、この『世界と僕のあいだに』です。

15歳になる息子に伝える、アメリカのこと、アンジェラ・デイビスのこと、マルコムXのこと、そしてこの国で殺されたエリック・ガーナーのこと、タミア・ライスのこと、マイケル・ブラウンのこと、トレイヴォン・マーティンのこと、サンドラ・ブランドのこと、そして自分が通ったハワード大学でのこと、同窓のチャドウィック・ボーズマンのスピーチのこと、友人だったプリンス・ジョーンズが殺されたこと、プリンスのお母さんのこと...

そんな感じで、本からは少し足して(ボーズマンのスピーチとか)おります。それぞれ有名人たちが朗読するのですが、本を見ながら朗読するのではないです。でも、その有名人たちがそれぞれ演出している感じですかね。その人たちの特徴がちゃんとあって面白いです。もう、『The Brother from Another Planet / ブラザー・フロム・アナザー・プラネット (1984)』とか『Scandal / スキャンダル 託された秘密 (2012-2018)』で知られるジョー・モートンは、声の低さもあって重厚感があり、演出もあってゾクゾクしました。だからこそ、一番いい場面を担っております。IMDBにはなぜか載っていないのですが、『メッセージ』でアカデミー撮影賞にノミネートされたハワード大出のブラッドフォード・ヤングが撮影を担当しており、ヤーラ・シャハディのシーンとか素敵です。正直に書くと、タナハシ・コーツのこの本を読んだ時、ちゃんと理解出来ているか不安だった。この作品のお陰で、その不安をだいぶ拭うことが出来た気がする。私と同じ人ような人達がいるならば、彼らに勧めたい。

(4.5点:12/04/20:1782本目)
www.blackmovie-jp.com

His House / 獣の棲む家 (2020) 1781本目

ブルブル、ワクワク、フレッシュなホラー『獣の棲む家』

イギリス産ホラー映画。というだけで、今までにない感じでワクワクする。監督・脚本はレミ・ウィークス。聞いたことがないので、IMDBで検索してみると、本作が長編デビュー作になる。IMDBでも以前作ったショート映画くらいしか情報がないので、Googleってみると、これまた情報がない。何とか見つけた情報が、コマーシャルの監督を担当して、それがカンヌコマーシャル祭にて賞を受賞。もうこれは調べれば調べるほどに新鮮で、フレッシュさを感じ、やっぱりワクワクする。ボル役のショペ・ディリスの方は知らなかったが、リアール役のウンミ・モサクの方は、TVシリーズラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』でよーく知っている! やっぱりワクワクしてしまうホラー映画。

紛争が多発している南スーダンから逃れ、イギリスに何とかたどり着いたボル(ショペ・ディリス)とリアール(ウンミ・モサク)夫婦。彼らはイギリス政府から、住む家を与えられる。ボロボロの家だったが、取りあえず住む所が出来てホッとする2人だったが、その家の壁に何かを感じ...

このホラー映画の怖さは、もちろんタイトルになっている獣でもあるのだけど、登場する心無い人たちが一番怖かった! 彼らに住むところを案内する職員(マット・スミス aka ドクターがめっちゃ好演!)が、「うちより広いし、いいよねー」とかね。いや、汚いし。何ていうか、彼ら難民を下に見ている感じにブルっと震えた。あと、リアールが初めて外を出たときに出会う高校生くらいの男の子たち。リアールと同じ黒人だけど、酷い暴言を吐く。あのシーンが私には一番堪えた。同じアジア系の人に不親切にされると、滅茶苦茶落ち込むという事を肌で知っているから。獣という敵だけでないリアルさが面白かった。

新人が作ったとは思えないリアルな怖さがあり、それだけでなくワクワクさせる新鮮さがある。
(4.5点:12/03/20:1781本目)
www.blackmovie-jp.com

Jingle Jangle: A Christmas Journey / ジングル・ジャングル ~魔法のクリスマスギフト~ (2020) 1780本目

器用な役者たちが楽しませる『ジングル・ジャングル』

フォレスト・ウィッテカー、アカデミー主演男優賞やカンヌ映画祭でも主演男優賞を受賞した言わずと知れた名優。だけど、歌えるの? と、正直思うが、歌えるんです! という、ミュージカル映画。あまり期待はしていなかった。デヴィッド・E・タルバートという元々はタイラー・ペリーみたいな舞台を演出していた人が監督。彼の作る映画は、どうも好きになれなかったというのが本音である。しかもこういう子供がメインのクリスマス映画はどうもお涙頂戴物語で好きになれる要素がないと思っていたのに... という感じです。

天使を見たという孫たちにおばあちゃん(フィリシア・ラシャド)が、話しを聞かせ始める。それは、ジェロニアス(フォレスト・ウィッテカー)という玩具づくりをしている発明家の話だった。ジェロニアスは、ドン・ファン・ディエゴ(声:リッキー・マーティン)という、動く人形を発明したが、弟子のガスタファン(キーガン=マイケル・キー)が、それを見つけ...

そういえば、フォレスト・ウィッテカーは『Black Nativity / クリスマスの贈り物 (2013)』でも少し歌っていた。あの時以上に歌っているのが今回の作品。なんでも、演技よりも先に高校時代からやっていたのがミュージカルで、演技を本格的に学んだのは大学から。オペラとかも学んでいたということ。今回の役のように観客に主人公可哀想と思わせるような感情移入させる役が上手い。でも、ウィッテカーがアカデミー主演男優賞を取ったのは、何の感情移入も出来ない冷酷で非道なイディ・アミンを演じた『The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)』だったりするので、何でも出来る名優ってことなんです。俳優としてでもですが、最近はプロデューサーとしても優秀だったりする。学生時代には、フットボール奨学金を貰っていたりして、何にでも「意外と」器用。だからこそ俳優として大成したのでしょう。物語自体は、まあ普通なクリスマス映画という感じではありますが、デヴィッド・E・タルバートにしては面白かった。子供たちが器用で可愛い。エディソン役は、アメリカの黒人には良く知られたTVシリーズFamily Matters / 日本未放送 (1989-1998)』の名物キャラであるアークルを彷彿させるイケてない男の子が魅力的だ。ザ・バディ3000は、名前はアウトキャストアンドレ3000だし、イメージは『Blankman / ブランクマン・フォーエバー (1994)』のJ-5、つまりは『ショート・サーキット』のナンバー5ぽさがある。それに、ジェームス・ブラウンのマントネタとか、黒人観客が楽しめる作りのミュージカルだ。

(4.25点:11/30/20:1780本目)
www.blackmovie-jp.com

映画秘宝 6月号

映画秘宝 6月号

映画秘宝 2021年6月号 [雑誌]

映画秘宝 2021年6月号 [雑誌]

  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: 雑誌
4月21日(水)発売予定の映画秘宝 6月号にて、「バッドアス・シネマ・クラブ(Baadasssss Cinema Club)」という連載が始まります! 日本では中々紹介されにくい新作・旧作・ブラックスプロイテーションなどなど、沢山の作品を紹介出来ていければと思っております。第1回目は、ブラックパンサー党(黒豹党)映画について。まだ日本公開が決まっていない?? 今年のアカデミー作品賞ノミネート作品である『Judas and the Black Messiah / 日本未公開 (2021)』の紹介とともに、沢山のブラックパンサー党映画を紹介しております。ブラックパンサー党といえば、ブラックパンサー(#WakandaForeverの方)、そして私のツイッターのアイコンであるあの方の作品まで! と、第1回目から実に私らしい作品ばかりが並んでいるかと思います。ちなみにアンジェラ・デイヴィス関連は省きました。アンジェラ・デイヴィスがブラックパンサー党だと思っている方が結構居るのですが、一緒に協力したりすることはありますが、正確にはアンジェラは党員ではありません。その辺も書きたかったけれど、文字数がなくなり、肝心な映画について書けないので諦めました。ということで、アンジェラの件はこちらにてあしからず。

私もまだデザインとか見ていないので、楽しみです! 表紙のゴジラキングコング、さてどちらが勝ったでしょうか? 何卒よろしくお願いいたします。

ミュージック・マガジン 5月号

ミュージック・マガジン 5月号

ミュージック・マガジン 2021年 5月号

ミュージック・マガジン 2021年 5月号

  • 発売日: 2021/04/20
  • メディア: 雑誌
4月20日(火)発売予定のミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー〜闘い続ける映画作家」を寄稿しております。『American Utopia / アメリカン・ユートピア (2020)』、5月7日の日本公開に合わせて、スパイク・リーの闘いの歴史を紐解いております。ここまでたどり着くまでに色々あったスパイクの歴史が、なぜデイヴィッド・バーンのユートピアと結びついたか分かると思います。映画鑑賞前に、後に、是非是非よろしくお願いいたします!

Tales from the Hood 3 / 日本未公開 (2020) 1779本目

老舗ホラーカルトは健在だ!『Tales from the Hood 3』

ブラックムービー的ホラー映画のカルトと言えば、先日も書いたばかりの『Candyman / キャンディマン (1992)』になるけれど、今回の作品のオリジナル『Tales from the Hood / 日本未公開 (1995)』もです! なんていったって、スパイク・リーの会社「40エイカーズ&ミュール」が製作ですし、後に『Chappelle's Show / 日本未放送 (2003-2006)』でも監督を担当するラスティ・カンディエフが手掛けるオムニバスホラー映画です。映画好きの人は、原題から『ハリウッド・ナイトメア』からだと分かりますよね。そうあのような感じのホラーオムニバスです。あとオリジナルは、サントラも有名で持っている方も多いかも。このシリーズもなんと3部作となりました。そして、案内役的なキャラクターがいまして、オリジナルではインパクトあるクラレンス・ウィリアムズ3世、『2』では声が劇怖キース・デイヴィッド、今回はホラー映画レジェンド『キャンディマン』のキャンディマンであるトニー・トッド

夜の森の中、ウィリアム(トニー・トッド)は小さな女の子と彷徨っていた。2人は建物を見つけ、そこで避難していた。女の子はお話しをしたいと話し始める...

今回は4つのお話があって、どれもオリジナルと同じく、普通にホラー物語だったり、このシリーズらしく人種差別の怖い話、取りつかれた系のホラーなど。このシリーズの人種差別的怖い話がいつも面白い。今回は南部連合軍の旗を持つ超ーーーーー古いタイプの人種差別的な男が主役。毎回だけど、この手の話の「してやったり感」が爽快。もうね、この話の最後が凄く気持ちいい! バカにしております。そして『The Josephine Baker Story / 裸の女王/ジョセフィン・ベイカー・ストーリー (1991)』などで知られるリン・ホイットフィールドが出ている取りつかれた系のホラー話も面白かった。流石ベテラン女優という感じ。そして、大御所トニー・トッドの話。物語一つ一つの最後の全てに思わず「おぉ」と反応してしまう。このシリーズのぶれない怖さと面白さは健在だ。

(3.5点:10/30/20:1779本目)
www.blackmovie-jp.com

キネマ旬報 2021年4月下旬号

キネマ旬報 2021年4月下旬号

キネマ旬報 2021年4月下旬号 No.1863

キネマ旬報 2021年4月下旬号 No.1863

  • 発売日: 2021/04/05
  • メディア: 雑誌
4月5日(月)発売となるキネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿しております。ブラックムービー史の中でも、主演俳優の歴史という観点から遡り、『21ブリッジ』の主演チャドウィック・ボーズマンまで辿りつくという感じです。かなりのボリュームで書いておりますので、何卒よろしくお願いいたします。