SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

American Utopia / 日本未公開 (2020) 1776本目

デヴィッド・バーンが描くユートピア『American Utopia』

スパイク・リーが監督だから観ました。スパイク・リーが監督するくらいだから、何かあるのだろうと。デヴィッド・バーントーキング・ヘッズについては詳しくないが、こんなに楽しいコンサート/ミュージカルのがあるのか! と、驚いたほど面白かった。デヴィッド・バーンの曲に合わせて展開される世界。ブロードウェイで上演され、好評を得て、コンサート映画としてスパイク・リーが監督。トロント国際映画祭でプレミア上映され、アメリカではHBOにて放送&HBO Maxにて配信。

観客のざわつきが聞こえる中、拍手が聞こえ、そして舞台が開幕した。音楽が始まる。脳みそをもったデヴィッド・バーンが登場する...

この舞台で好きなのは、デヴィッド・バーンと一緒に舞台に立っている人たちの楽しさがにじみ出ているところ。あんな風に演奏や演技で交われたら、そりゃ楽しいだろうなーという楽しさが溢れて出ている。舞台上での動き一つ一つとか演奏とか緻密なようで、自由にも見える。スパイク・リーは今回カメラの設置を、舞台と対面する場所だけじゃなく、上や後ろにも置いている。舞台を見に行った人でも、また違う側面が見れるのが面白い。楽しさだけでなく、デヴィッド・バーンが描く「アメリカのユートピア」には、ブラック・ライヴズ・マターも含まれており、訴えかけていく。デヴィッド・バーンの描くユートピアは、有益なメッセージが溢れ、そして楽しくて自由だ。そして、そのメンバーの1人になりたいと思わせてくれる。

(5点満点:10/2/20:1776本目)
www.blackmovie-jp.com