SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Residue / 日本未公開 (2020) 1768本目

LAの反逆者たちのDNA『Residue』

数多く存在する映画の中でも私が熱心に一番勉強している(そして、もっとしたい)のは、「LAの反逆者たち」。70年代にUCLAの映画学科で学んだ若者たちです。パム・グリアの自伝の中に、LAに来たばかりのデビュー前の頃に「UCLAの映画科の人たちが撮影しているのを熱心に見入った」と書いてある。その頃にはUCLAに通っていたカリーム・アブドゥル=ジャバーとお付き合いしていた頃だろうから、パムは「LAの反逆者たち」の撮影を眺めていたのだ。ところで、その「LAの反逆者たち」は、『Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)チャールズ・バーネット、『Daughters of the Dust / 自由への旅立ち (1991)』のジュリー・ダッシュ、『Passing Through / 日本未公開 (1977)』のラリー・クラーク、そして『Teza / テザ 慟哭の大地 (2008)』のハイレ・ゲリマである。正確にはもっともっといる。なんで今回「LAの反逆者たち」の話を書いたかというと、今回の映画『Residue』は、「LAの反逆者たち」の2世代目、ハイレ・ゲリマの息子メラウィ・ゲリマ監督作品である。そして思った以上にハイレ・ゲリマのDNAを感じる作品であった。

ワシントンDCの街、バイクやラップ、そしてデモの音が聞こえてくる。その中で「どうして戻ってきたの?ジェイ...」という囁きが聞こえる。ジェイ(Obinna Nwachukwu)は、久々にDCに戻ってきた。街は少しずつ変わってきたようで、知らない人も多い。ジェイは親友デメトリアスを探していた。旧知に聞いて回るが、なぜか皆歯切れが悪い...

もう冒頭から「ハイレ・ゲリマか!」と思ったほど。あの囁きには父ハイレ・ゲリマを凄く感じた。そしてドキュメンタリーぽい所は、『Hale County This Morning, This Evening / 日本未公開 (2018)』を感じた。そのような手法でこの映画は、「ジェントリフィケーション」を描いている。ジェイが久々に戻ってきたことで感じる故郷の違和感。その違和感は、ジェイを孤独にさせる。「ここから出ることが目標」だったけれど、それでも故郷に愛着を感じるのは当たり前のこと。ずっと故郷で生活している者にとっては、ジェイは故郷を見限った男で、俺たちを置き去りにした男。そして故郷が変わったことが当たり前と捉えている故郷で暮らす人たち。そんなギャップが両者にある。だからジェイは孤独に感じる。そしてデメトリアスのことも、ジェイは蚊帳の外だ。

その孤独が最後ジェイを思いもしない行動をさせてしまう。まるでドキュメンタリー映画のように、ジェイの孤独が淡々を語られていき、感情がむき出しとなる。この生々しさこそが、「LA反逆者たち」だ、と思い出すのだ。

(4.5点/1768本目)
www.blackmovie-jp.com