SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Dave Chappelle : 8:46 / 日本未公開 (2020) 1759本目

人気コメディアンの姿『Dave Chappelle : 8:46』

TV『Chappelle's Show / 日本未放送 (2003-2006)』の成功で、人気ナンバーワンとなったコメディアン、デイヴ・シャペルの特別ライブ。元手が掛からず、かつ儲けられるのがスタンダップコメディ・ライブであると確信したNetflixは、破格の契約金で大物コメディアンたちと契約している。その中の1人がデイヴ・シャペル。2017年からはずっとNetflixスタンダップを公開している。そのデイヴが、ジョージ・フロイドの死から大きくなっている「#BlackLivesMatter」運動を受け、是非とも発言したいと今回のライブが急遽開催。新型コロナウイルスの影響もある中で、屋外で観客席にはスペースを設けて開催。ただし、突然行われたライブであり、本来見せたい形ではないということで、Netflixのコメディ専門「Netflix Is a Joke」のYoutubeチャンネルで無料配信となった。

「本来見せたい形ではない」。これに尽きるのが今回のスペシャルライブだ。どう見たってデイヴ・シャペルの完全な形では決してない。ネタも初めて話すだけに、磨かれていないのが容易に分かる。プロなら失格であろう。それでもデイヴは、今回の件に関して話したいと感じていた。そして自分が話す以上、それはやっぱりスタンダップの舞台の上でありたいということだろう。ネタは磨かれていないだけに、Raw(むき出し)だ。ジョージ・フロイドを殺した警官については、むき出しで率直に怒りをぶちまけている。むき出し故に、キャンダス・オーウェンズの批判は、デイヴだったらもうちょっと上手いこと皮肉ってくれた筈なのにとも思う。分かるけれど、あれは単なる悪口になっている。クリス・ドーナーの話は、私も良く覚えているので分かりやすかったし、デイヴの祖先であるウィリアム・D・シャペルの話もかなり興味深く面白かった。多分、誰もが観終わった後にググったことと思う。ウィキにある人物というのも凄い。

コメディアンだから舞台の上で話したいことを話す。早くコロナが終息して、これの完全版が見たい!そう思うのは当然であろう。

(3.75点:1759本目)
Dave Chappelle : 8:46 / 日本未公開 (2020)