SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Bad Boys for Life / バッドボーイズ フォー・ライフ (2020) 1739本目

25年ぶりに奴ら”バッドボーイズ”がやってきた!どうする?『バッドボーイズ フォー・ライフ』

25年。それは産まれた赤ちゃんが既に成人してしまう位長い。成人どころか、生まれてから25年間の間に結婚すらしてしまう人がいる。実際に私が25歳までには結婚・出産している。そんな25年という長い年月を経て戻ってきたのが、『Bad Boys / バッド・ボーイズ (1995)』のマイク(ウィル・スミス)とマーカス(マーティン・ローレンス)だ。幾ら人気があったとは言え、25年ぶりのカムバックは、流石に少々無謀な気がした。だけど、そんなものは杞憂に過ぎなかった。

マイク(ウィル・スミス)が運転する車にいつものようにマーカス(マーティン・ローレンス)が助手席にいた。マイアミの街を無謀な運転で進んでいくマイクに、マーカスは命が足りないとぼやいていた。マイクが急いだ理由は、マーカスに孫が出来るからだった。一方、女子刑務所にて作業中に女性が看守を襲い、そして護送中に逃亡を計った者がいた。マーカスのお祝いで署のみんなで飲んでいる所、マイクが襲われ...

いきなりアドレナリン大噴出。冒頭の車のシーン、2人の掛け合いシーン... 25年前と変わらない。「ああ、バッドボーイズは復活したのだ」といきなり感じて、嬉しくて、感動すらする。そして相も変わらず、マイクは独身でプレイボーイで無謀、マーカスは家庭もちで諦めが早い平和主義者という、デコボコぶり。しかも25年過ぎたことで、更に拗らせている。マーカスは、早くも引退の事を考えており、家族の為にも安泰に平和に暮らしたい。マイクは、プレイボーイだったことで、今回は大変なことになってしまった。25年という年月が、今回は更にドラマとなっているのが上手い。

ところで、『バッドボーイズ』ってウィル・スミスとマーティン・ローレンスという2人の黒人俳優が組んだことが、当時画期的なことだった。黒人俳優だけでは観客は呼べないと、ハリウッドでは長年黒人x白人コンビがお決まりだったのだ。あのエディ・マーフィですら、『48 Hrs. / 48時間 (1982)』や『Trading Places / 大逆転 (1983)』のように白人俳優と組んでいる。それでも『バッドボーイズ』は成功した。黒人コンビではあるのだけど、そこまで黒人を感じない内容なのもある。正直、別の白人俳優2人が演じても、割りと成立する内容だ。それでもセリフの節々には、黒人らしさを感じたりもする。今回もキング牧師の名前がセリフに出てきたりする。その微妙なさじ加減が上手くて、『バッドボーイズ』だなーと改めて感じたりする。

バッドボーイズ』は、マイケル・ベイ監督らしさが光る作品。そのマイケル・ベイから変わったアディル・エル・アルビとビラル・ファラーの2人は、25年経っても色褪せない「らしさ」を大事にしたように感じた。車から出てくるあのシーンこそ、私が大好きな『バッドボーイズ』。2人は、決める時には決めるのだ。

www.cinra.net


(4点:1739本目)
www.blackmovie-jp.com