SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Just Mercy / 黒い司法 0%からの奇跡 (2019) 1738本目

事実は小説よりも... 物語ではない現実を知る『黒い司法 0%からの奇跡』

Cinraさんにて一生懸命にレビューを書かせてもらっているので、そちらを最初に読んで頂けると幸いです。
この記事を読んでいただけると、『黒い司法 0%からの奇跡』のオフィシャルサイトに寄せたコメントの意味も分かって貰えると思います。
www.cinra.net

そして、正直に書くね。なんでもっと早くに公開しなかったのぉおおおおおおおおおおおおお!!!オスカー狙って12月に公開したんだと思うんだけど、逆に遅くても10月くらいに公開して、一般人にも一人でも多くの人に観て貰っておいた方が絶対に良かった。と、私が嘆くくらい、役者たちの演技が素晴らしい。その話はたっぷりと後で書くとして... これは実話です。1980年代にアラバマ州で起きた冤罪裁判を描いている。詳しい話は、物語になっているので省きますが、冤罪と警察の暴力については、ここ最近のブラックムービーの主要テーマと言っても過言ではない。去年2019年に公開/配信されただけでも、『Brian Banks / 日本未公開 (2019)』と『Free Meek / フリー・ミーク (2019)』と『Queen & Slim / 日本未公開 (2019)』と『When They See Us / ボクらを見る目 (2019)』と『Canal Street / 日本未公開 (2019)』、5本もある。その集大成とも言えるのがこの作品だろう。

1987年アラバマ州モンロー郡、仕事帰りのジョニー・Dことウォルター・マックミリアン(ジェイミー・フォックス)は、いきなり保安官たちの車に囲まれ、そして逮捕された。18歳の女性が殺された事件の犯人だと言われる。一方、ジョージア州ジャクソンの刑務所を訪れたのがブライアン・スティーブンソン(マイケル・B・ジョーダン)。彼はハーバード大学の法学部で学び、夏休み中のインターンで囚人ヘンリー・デイヴィスの話を聞いていた。デイヴィスは、死刑を待つ囚人だった。法学部を卒業したスティーブンソンは、更に南下し、アラバマ州にて、イコール・ジャスティス・イニシアチブ(EJI)という団体を設立し、冤罪の囚人たちを助けることにした。そこで出会ったのが、ハーブ(ロブ・モーガン)、アンソニー・レイ(オシェア・ジャクソン・ジュニア)、そしてジョニー・D(ジェイミー・フォックス)だった。

事実を元にした物語もだけど、役者たちの渾身の演技に泣かされる。特にジョニー・Dを演じたジェイミー・フォックスジェイミー・フォックスと言えば、2004年!『Ray / レイ (2004)』に『Collateral / コラテラル (2004)』に『Redemption: The Stan Tookie Williams Story / クリップス (2004)』に出演した。この3つの作品で色々な賞にノミネートされ、『レイ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、主演でも助演でも評価されたイケイケ年。この作品での助演が、本当に素晴らしい。助演らしく目立とうとせず控えめながらも、物語の要となる冤罪の男を圧倒的な存在感で演じている。そして、ロブ・モーガン... 『Mudbound / マッドバウンド 哀しき友情 (2017)』で観た時から只者ではないと思っていたけれど、泣かしてくる。もう、この人のシーンから泣きっぱなし。そして意外とオシェア・ジャクソン・ジュニア!一番年下なので、その屈託ない感じが、ジワジワ効いてくる。そして、そして... 驚くほどに本人にそっくり過ぎるティム・ブレイク・ネルソンが凄い。うさん臭さ、臆病さ、変わった人という全てが表現されている。そして、ブリー・ラーソンが監督にとってのミューズなんだろうなーと凄く感じた。この映画のラーソンはやたらと美しい。一生懸命なので、美しさを堪能する時間なんてない筈なのに、脚が長く美しく見えたり、ふとした瞬間の横顔が美しかったりする。『Short Term 12 / ショート・ターム (2013)』以来、デスティン・ダニエル・クレットン監督のミューズとなったブリー・ラーソンの美しさを当然の如く熟知しているのが良く分かった。主役となるマイケル・B・ジョーダンは、『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』では警察の過度の暴力で亡くなったオスカー・グラントを演じ、『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』ではアフリカから無理矢理連れてこられた奴隷の祖先の苦悩を感じていたエリック・キルモンガーを演じた。そんなマイケル・B・ジョーダンの集大成が、本作のブライアン・スティーブソンという役だ。スーパーパワーじゃなくて、法の力で解決しようとするキング牧師のような真のヒーローが実際にいることを教えてくれた。

(4.75点:1738本目)
www.blackmovie-jp.com