SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

過小評価コメディアンのエディ・グリフィンの好きなコト『Eddie Griffin: Undeniable』

Undercover Brother / アンダーカバー・ブラザー (2002)』などでお馴染みのエディ・グリフィンのスタンダップコメディスペシャル。ショータイムにてTV放映。エディ・グリフィンはもっともっと有名になってもいいはず!と私は思っている。どういう訳か過小評価されているコメディアンの1人。もちろん、スタンダップコメディも面白いが、映画やTVでも面白い!『アンダーカバー・ブラザー』もそうだし、『Double Take / ダブル・テイク (2001)』とかマスターPと作った『Foolish / 日本未公開 (1999)』とか好き。脇では、デンゼル・ワシントンの『John Q / ジョンQ -最後の決断- (2002)』とか『The Meteor Man / スーパーヒーロー・メテオマン (1993)』とかで良い感じだった。私はTVシリーズの『Malcolm & Eddie / 日本未放送 (1996-2000)』が大好きで、放送された分は全てDVDに落として持っている程!オフィシャルのDVDはシーズン1までしか出ていないので貴重。という訳で、エディのスタンダップコメディを。

ボストンの大きな会場。みんなのエディへのツイッターの書き込みメッセージが映し出される。エディが登場し、トランプをいきなり「オレンジ」と呼び、トランプと観客を挑発していく...

と、時期的にもトランプの話題が多い。ここ最近、コメディアンのスタンダップコメディ・ライブの放映・配信が立て続けにあったが、その中でもエディが一番批判していた。何ていうか、一番一般人の声に近いかなとも感じた。コメディアンだから上手い事言ってやろうという感じではなく、率直な一般人の...特に若い人たちの意見という感じを受ける。そう、若い兄ちゃんがCNNのトランプのニュースを見ながら、ブツクサ言っている...そんな感じを受けた。

そして下ネタコーナーに突入。かなり濃厚です。でも、実体験を元にというか、実体験から得た妄想で濃厚に語られていきます。それにしても、エディ・グリフィンもこの前のキャット・ウィリアムスも「年取った」下ネタが増えてきた。

最後はエディお得意の物まねコーナー!ずっと一緒にツアーしていた盟友の故チャーリー・マーフィの物まねは愛情たっぷり彼との思い出と共に。バーニー・マック、プリンス、マイケル・ジャクソン、サミー・ディヴィス・ジュニア、リチャード・プライヤー...と、エディが影響を受け愛した故人をよみがえらせてくれた。私、前々からずっと書いているのですが、サミー・デイヴィスの自伝映画が出来るならば、エディ・グリフィンかトミー・デイビットソンにやってもらいたいのです。エディは『Foolish』でのサミーが最高でしたから。

エディが愛するものへの敬意と嫌いな物への警告。それをとても感じるスタンダップコメディ

Eddie Griffin: Undeniable / 日本未公開 (2018) (TV)(1625本目:3.5点)