SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ばーい2016年

2016年。色々ありましたねー。まあ年末ありがちではありますが、今年のまとめを。映画ブログなら普通は映画トップ10とかですけど、それは今年も幸運な事に映画秘宝さんでやらせて頂いたので、1月に発売される3月号で!それ以外をこちらで。今日の写真はデンゼル・ワシントン様『Fences / フェンス (2016)』に出演したジョヴァン・アデポ。デンゼル様は自分の監督作で、デレク・ルークにネイト・パーカーと、自分の後継者になるような若い良い役者を見つけるのが上手い!ジョヴァン・アデポ君も彼らのような今後の活躍を望んで、今日の写真に選びました。

今年の漢字は「金」ではなく絶対に「」。この年ほど嫌いな・憎んだ年はなかった。2016年は色々なものを失わせた。プリンス、モハメド・アリ、ファイフ、KD(わがチームからという意)、SMAP、やる気、情熱、希望、向上心、時間、お金、日本人のモラル、アメリカの良心と大統領...などなど。いい事もそれなりにあったけれど、それよりも嫌な事の方が上回った年。まあそんな年は人をこじらせる。悩む年でもありました。私も色々と悩んでいる。結論は出せないので、暫くこのまま悩みます。

  • 今年のナイスアシスト

今年はO.J.シンプソンとオバマ大統領!題材として素晴らしかった。アシストという意味では、俳優のマイケルティ・ウィリアムソン!!!『Fences』と『Underground / アンダーグラウンド (2016-Present)』の助演が最高だった!どちらも泣かされたし、心に刻まれた演技。

  • 今年のハマりもの

引き続き日本のドラマ。玉木宏を頂点に35歳以上の俳優にすぐハマる。玉木宏がせっかく開いてくれた扉なので、どんどん開いていこうと思う。でも去年の『デート 恋とはどんなものかしら』みたいな殿堂入りさせたくなるドラマは残念ながらなかった。ヒット作もそこそこあったけれど、心に残る&何度も観たくなるドラマではなかったかなー。みんな平均以上だけど、その粋を超えていなかった。でも単発で面白いのはありましたね!多部未華子ちゃんには月9やって欲しいなー。高橋一生ほどの実力と大人の魅力のある役者を相手役に!また高橋一生でも全然いいけど!!!いや、その方が嬉しいけれど!!

  • 今年一番テンション上がったこと

デイブ・シャペルの『サタデー・ナイト・ライブ』!!!


そして毎年恒例の1年遅い「The Best of Soul 2015」を!

今年もツイッターフェイスブックなどでありがとうございました。2017年は皆さまにとって良い年となりますように!2017年も沢山良い映画が作られますよーに!早くかもーーーん、2017年!