SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

ウェズリー・スナイプス

という訳で、ウェズリー・スナイプスのインタビューの詳細。

『The Player』は、ウェズリー・スナイプスがレギュラー出演するTVシリーズ。9月から全米でNBCにて放送予定。実はスナイプスがTVシリーズに出演するのは珍しい事。1990年に『H.E.L.P.』というTVシリーズにレギュラー出演しているがたった6エピソードで終了している。

本当は別のTVシリーズの話がきていたんだ。それを聞いた制作チームが、俺がTVシリーズをやるかもしれないと思ったんだな。それで脚本が送られてきた。脚本が良かったんだ。実の所、俺の元に届く映画の脚本よりも良かった。

長くなりましたので...

  • 参加中のコミコンについて

このようなドラマ作品がコミコンに参加するなんて面白いね。でも全ての質問が俺が『ブレイド4』をやるかどうかっていうのに集中しない事を願ってる。

  • なら...ヴァンパイア・ハンター(ブレイド)を復活させる予定ある?

そのプロジェクトはマーベルが指導権を持っている。そして素晴らしい建設的なミーティングをして、いくつか話し合った。彼等のスケジュールなどは、現時点分からないし、決まっていない。まだ漠然とした段階だと思うよ。

  • マーベル・ユニバースを別の形で広げる展望は?

その可能性もあるかもね。俺はずっとファンだし、またファミリーの一員になれたら素晴らしい。けど、俺たちが『ブレイド4』か別の何かをマーベルとやらないとしても、なにか別のことをやるよ。俺たちには別のキャラクターや別のコンセプトがあり、同じようにエキサイティングで同じように成功して欲しいと願っている。『The Player』の最初のシーズンも同じように興味深いんだ。俺が好きなドラマやアクションが満載だからね。俺が違う事をやるチャンスをくれたんだ。

分からないな。流行にするのには1つのシチュエーション以上が必要だ。まだ一つでは流行や波とは言えないな。俺たちはそれらの作品が成功し、キャラクターが上手く紹介されたか見届ける必要がある。観客次第だね、国内と海外の両方の。そしてそれが出来るのはホンの数名だけなんだ、だから難しいよ。コミックブックの映画化を信憑性をもって出来る役者は多くない。挑戦なんだよ。

  • 貴方のキャリアはほぼ主役か主役級でしたが、今回ネットワークの週1の1時間にチャレンジする事に不安などありましたか?

そんなには...いや、そうだな、あったな。無いといいそうだった。けどテレビをやるのは色々と違う事があったので、考えた。観客と毎週繋がり、そしてそれは注目度が変わる事になる。映画ではまだプライベートと匿名性があるからね。けどテレビをやるってことは丁度良いタイミングだと思えたんだ。今、テレビでは素晴らしい事が起きているからね。演じたくて、才能があって、上質な事がしたいと思っている俳優にテレビは最高なんだよ。だから全てのシチュエーションがとてもとても魅力的だった。けどテレビで拘束される時間は、映画の仕事に影響すると凄く心配だった。だから、映画もTVシリーズも出来るように構築する事を努力した。

  • 俳優として映画とテレビは違いを感じましたか?

テレビの場合、ちょっとの間脚本を待たないとならない。映画なら何をやるか全て分かっているけれど。映画なら始まる前の数ヶ月前から脚本を手にしている。いい映画ならね。けどテレビは1週間か2週間前じゃないと脚本を手にする事が出来ない。ちょっと変だな。けどそれはチャレンジさ。舞台劇団を思い出させるね。舞台をやりながら、別の舞台の用意をし、そしてまた別の舞台のプリプロダクションを、全部同時にやっている感じさ。別の舞台を全て同じ週にやっている感覚に似ている。

  • 貴方が仰ったようにドラマとアクションのミックスという意外に『The Player』のほかの魅力は?

正直に言うと、コンセプトが非常に面白いんだ...超裕福な人たちのグループが、犯罪を予測するシステムを築き、そしてその一方で娯楽の為にバーチャルギャンブルも作ってしまうってアイデアがね。それらの犯罪の結果が、ギャンブルと賭けって訳さ。凄いコンセプトだと思う。多くの可能性を持っていて、そしてダイナミックな演技と素晴らしいプロットひねりだけでなく、いくつかの素晴らしいアクションを持っているだろうことを願っている。映画、アクション映画のレベルをこのシリーズで出したいんだ。

スパイクと仕事をするのは毎回嬉しい。彼は創造力を高める環境を作るんだ。人々はエゴを置いてやってくる。そして俺たちはビジネスにおいてみんな違うジャンルや違うレベルからやってくる。コモンやジョン・キューザックジェニファー・ハドソンとようやく会えて仕事するのは嬉しい。熟練のベテランはいつも若い奴等がどのようにやってくるのか見たいからね。彼等が学んできたものを見せてもらう、または見限ることになるのか...楽しみなんだ。

  • それは『Chi-raq』で誰かを見限ったように聞こえませんか?

『Chi-raq』のキャストは素晴らしい。芸術の美しささ。本当に才能のあるアンサンブルと仕事を始めると、自分も最大限でやる必要性がある。あんなに才能のある人々をスパイクが集めてきたのが信じられないくらいさ。また言うけど、そのような経験はアーティストにとって最高さ。凄い才能のあるアーティストばかりのアンサンブルと仕事を出来るとき、自分がどこまでいけるのか奮闘できる。それが好きなんだ。

いかがでしたか?ホンの少し翻訳するつもりが、面白かったので99%訳してしまいました。『ブレイド4』について触れるなと、逆にフリを作ってしまう親分。でも大人ですね。ちゃんと対応している!!『Chi-raq』は、ウェズリー・スナイプスサミュエル・L・ジャクソンが出ている凄いわ!