SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Last Letter / 日本未公開 (2013)

Cast >> Omari Hardwick (Michael Wright), Sharon Leal (Cathrine Wright), Gary Dourdan (George), Rocsi (Claudia), Lynn Whitfield (Lorraine), Richard T. Jones (Mr. Tines), Darrin Dewitt Henson (Dr. Jacobs), Tatyana Ali (Jillian), Bill Cobbs (Pastor Barnes) ...
Director >> Paul D. Hannah
Writer >> Paul D. Hannah
Producer >> Paul D. Hannah, Angela White
Genre >> Thriller
Country >> USA

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

"Dearest Michael"
マイケル(オマリ・ハードウィック)とキャサリンシャロン・リール)は、誰もが羨むカップルで、マイケルはしっかりとした仕事を持ち、キャサリンは美貌に恵まれ、完璧なカップルにしか見えなかった。本人達もそう思っていた。マイケルの母(リン・ホイットフィールド)以外は... しかし、ある日マイケルが仕事中に、保険会社の調査員(リチャード・T・ジョーンズ)が訪ねてきて、20年前の火災について聞かれた。それからキャサリンは平常心を失っていき、昔の睡眠障害が出始める。キャサリンは里親の下で育てられ、同じ里親に育ったジョージ(ゲイリー・ドゥーダン)とクラウディア(ロクシ)が本物の兄妹のように強い絆で結ばれていた。2人の歯車が狂い始める...

インディペンデンス系のロマンススリラー。最近こういう作品が出る事が多いオマリ・ハードウィックとシャロン・リールが主演。お手の物という貫禄が出てきていた。話とタイトルはかなりかけ離れていたのが残念。せめてキャサリンがよく手紙を書くキャラとかなら分かるけど、最後の手紙は唐突過ぎるかな。物語も途中から見えちゃうけど、それでも2人の苦境とギリギリに追い詰められていく感じが最高だった。そして謎の男ゲイリー・ドゥーダンが演じたジョージとキャサリン、そしてマイケルとの関係性が少しずつ明らかになっていくのも面白い。ゲイリー・ドゥーダン独特のセクシーさと枯れ方が余計に物語を切なくする。

最近多産されているこの手の作品だが、キャスティングが良かったので観れた作品だとは思う。ただここに出てくる悲劇はとてもとても悲惨で、それが意外と簡単に片付けられていたのは何だか腑に落ちないところではある。多分一生逃げ回るんでしょうね。

(10/9/14:DVDにて鑑賞)