SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Why Did I Get Married Too / 日本未公開 (2010)

Cast >> Michael Jai White (Marcus), Tyler Perry (Terry Brock), Janet Jackson (Patricia Agnew), Tasha Smith (Angela), Louis Gossett Jr. (Porter), Sharon Leal (Dianne Brock), Richard T. Jones (Mike), Jill Scott (Sheila), Malik Yoba (Gavin Agnew), Cicely Tyson (Ola), Keyshia Cole (Jada), Lamman Rucker (Troy) ...
Director >> Tyler Perry
Writer >> Tyler Perry
Producer >> Tyler Perry, Reuben Cannon
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Why Did I Watched this movie Too? Because Love is..
大学からの友人であるパトリシア(ジャネット・ジャクソン)とシーラ(ジル・スコット)、アンジェラ(ターシャ・スミス)、ダイアン(シャロン・リール)はそれぞれの夫を連れて、毎年恒例のバケーションの為にバハマに来ていた。楽しい時間を過ごそうとしていたが、誰も呼んでないのにシーラの元夫マイク(リチャード・T・ジョーンズ)も来た。それぞれの結婚に問題を抱えており、アンジェラとマーカス(マイケル・ジェイ・ホワイト)は毎日喧嘩。シーラと新しい夫トロイ(ラマーン・ラッカー)もマイクのせいでギクシャク...そんな中、ある夫婦が突然離婚を発表したのだった...

なぜタイラー・ペリーの映画を見続けてしまうのか?理由は簡単だ。好きだから。確かに芸術的な映画なんかじゃない。メッセージだっていつも同じだ。でも彼の映画は心から楽しませてくれる。なんてことない普通の生活がそこにあるからかもしれない。優雅にバハマで休暇は簡単には取れないが、そこで行われる友人との会話は我々と変わらない普通の気取らない姿があるからだ。奥さんの尻にひかれている者もいれば、表面上は幸せな夫婦もいる。でも些細な問題は誰にだってある。そういう些細な部分をタイラー・ペリーは気取らずに率直に見せてくれている。確かに銃を振り回したりという大げさな部分もある。でもその部分は逆に我々が出来ない事を映画の中で見せてくれている...と分かりきっているので安心して見られる。
今回の映画も面白くて笑える場面が沢山あって、それでいて考えられる場面もあるし、想像出来ない驚きもあって面白い。ただラストだけは駆け足過ぎで、タイラー・ペリーらしからぬ問題を簡単に処理してしまった感じは受ける。

タイラー・ペリーは自分の観客が何を望んでいるのか分かっている。無理にまた無駄に観客を広げようとも思っていないし、賞を取る為に映画を作っている訳じゃないし、批評家に媚びる映画を作ってる訳でもない。自分の観客を楽しませる事に全力を尽くしている。だから好きなのだ。

(5/29/10:劇場にて鑑賞)