SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Fade to Black / ジェイ・Z/フェイド・トゥ・ブラック (2004)

Cast >> Jay-Z, Memphis Bleek, Mary J. Blige, Foxy Brown,Michael Buffer Diddy, Common, Damon Dash, Ghostface Killah, Just Blaze, Missy Elliott, Funkmaster Flex, Freeway, R. Kelly, Beyonce ...
Director >> Patrick Paulson, Michael John Warren
Writer >>
Producer >> Bob Ezrin, Rich Kleiman, Justin Wilkes
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 5

"Izzo (H.O.V.A.)"
ラップで絶大なる人気を集めているジェイZの「ブラック・アルバム」時代にマディソンスクエアガーデンで行われたライブを中心にしたドキュメンタリー映画

ラッパーにして実業家、そして元麻薬の売人で今はビヨンセの夫であるジェイZ。とにかく若者が憧れているのがジェイZである。高校も卒業していないし、何しろ元は麻薬の売人、そこからマイク一本でのし上がり、しかも数々の大掛かりな事業を成功させ、自らラップで語った通り「業界で一番ホットな」ビヨンセを嫁にし、可愛い娘まで授かった男のストーリーに、若者は惹かれているのであろう。しかもニューヨークで生まれ育ったジェイZにとって、マディソンスクエアガーデンは成功の象徴である。このドキュメンタリーでもそれを自ら語っている。しかも、麻薬売人の頃には目もくれなかった白人の観客が、彼のリリックを全部覚えて共に歌い熱狂しているのだ。何事にも帰られない成功の証がその映像に詰まっている。リリックをノートに書き溜める事はない。全て彼の頭に記憶されているのだ。そんな彼のプロフェッショナルな姿がとにかくカッコいい。

「俺はラップから去る事はできない。ラップが俺を必要としているからだ」とラップするジェイZ。なぜビヨンセが惚れたのか、このドキュメンタリーを見るとよく分かるのだ。

(10/28/13:DVDにて鑑賞)