SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Freestyle: The Art of Rhyme / フリースタイル:アート・オブ・ライム (2000) 1220本目

ヒップホップのドキュメンタリー。と言ってもフリースタイルを追ったドキュメンタリーね。フリースタイルと言っても、ヒップホップに無知な人には何のことだか分からないよね。まあ簡単に言うと、即興で行うラップの事。所謂既成のライム(詩)に既成の音をのっけた曲ではない。大会とかではDJが音を用意してくるけど、その辺の公園とか広場とか...家とかでは、ビートボックスやってくれる人が居たり、本当に何もない所でライミングするのもフリースタイル。このドキュメンタリーの冒頭の言葉を借りれば「ルールなどない」。とにかく人が自分の思いのたけをオリジナルでラップすれば、それはフリースタイルなのである。

しかしその形も色々。バトル形式もあれば、みんなで輪になってやる場合もある。サイファーは、今では黒人専門チャンネルBETの「BET ヒップホップ・アワード」ですっかりお馴染みだし、その式典の目玉になっている。バトルでは相手をこき下ろすのが主。ドキュメンタリーの中で確か「ザ・ラスト・ポエッツ」のメンバーだったと思うけど、彼は「バトルは喧嘩しているようで暴力的に見えるかもしれない。でも暴力的なんかじゃなくて、ユーモアも見られるんだ」と語っておりました。なんていうか、黒人のラップの歴史について語られる時に「ダズンズ」が出てくるけれど、フリースタイルのバトルはそれと直結しているのがよく分かる。このドキュメンタリーで語られるのは、スーパーナチュラルとクレイグGとジュースという3人のバトル。というか、スーパーナチュラルのドキュメンタリーだね。彼がどのようにバトルで負け、そこから復活し、今に至るのか...が分かる。みんな必死よ。顔は厳ついのが多いけど、夢に向かって一生懸命!

このドキュメンタリーに「東と西」の項がある。ラップでの「東と西」はディディ&ビギーの東VSシュグ・ナイト&2パックの西で、ヒップホップ界では残念ながら悲しい暴力での歴史が東と西であったが、この映画では違う。西にはアンダーグランドなフリースタイルを支える「グッドライフ・カフェ」があった。このカフェについては「This Is the Life / 日本未公開 (2008)」が詳しい。なにせ元その「グッドライフ・カフェ」でFigure of speechとして活躍し、今は立派な映画監督になったエヴァ・デュヴァーネイが監督だからね。そして東に存在したのが「ニュヨーリカン」。これは先日見たばかりの「Things Never Said / 日本未公開 (2013)」にて詩人の主人公が憧れの場所として出てきた。という風にポジティブな東と西。

とは言えですよ、有名なモス・デフさん(今はヤシン・ベイ)とかが出てきてフリースタイルを披露していたりしていますが、大半はまだまだ無名に近い人々ばかり。ここからメジャーになるのは本当に大変。でもビギーやエミネムなんかはフリースタイルのバトルで有名になって、デビューしていたりするので、諦めない事は大事!2パックなんてフリースタイルが得意だからこそ、あんなに沢山の曲残せたんだろうね。友達がトイレに行っている間に2曲も作ってしまったのは、伝説。

そんな諦めないスーパーナチュラル(彼はこの映画でも有名で活躍している方)が、最後に言った言葉がいいね。「俺たちは(バトルで)殴り合いしながらも、その物語を語るために生きている。それがMCってやつさ、そしてそれが詩人ってやつさ!」と。

感想やオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:4/14/13:DVDにて鑑賞)