SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Baggage Claim / 日本未公開 (2013) 1158本目

「ゆーあーぐっどがーる♪」”ぼんやりライン”の嫁ポーラ・パットンが主役のラブコメ〜♪ ポーラ・パットンの人生って、他人からしてみると、とてもついている気がする。私の中では「人生ラッキー過ぎる2大女優」の一人(もう1人は、ロザリオ・ドーソン)。普通の人は、ロビン・シックがクラスメイトとかまず無いよね。しかも本格デビュー作が有名なラップ・デュオのアウトキャストの映画「Idlewild / アイドルワイルド (2006)」!アウトキャスト好きの私には羨ましすぎる環境!でもその映画ですでにスター性というか、オーラが違うなって思わせてくれてました。着々と映画にも出演。アカデミー賞の候補作品「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」ではシリアスな演技も好評で、「Jumping The Broom / ジャンピング・ザ・ブルーム 〜恋と嵐と結婚式〜 (2011)」では初主演!そんなラッキーなポーラ・パットンが主役の映画。

ポーラ・パットン演じるのが30歳を過ぎたフライトアテンダントのモンタナ。彼氏が居ない訳でも出会いが無い訳でもないけれど、結婚には縁が無い。しかも自分のお母さん(ジェニファー・ルイス)は、5回も結婚している凄い女性!まあでも仕事好きだしーと思っていたら、まだ21歳で大学に通っている妹(ローレン・ロンドン)が結婚するという!しかも大学バスケのスター選手。将来有望。お母さんは嬉しくて大自慢大会。モンタナは今回で8回目のメイド・オブ・オーナー。妹の結婚式だし、それまでに結婚とまでは言わないけれど、それまでにフィアンセを連れていかないと恥ずかしい!成功した素敵な男性グラハム(ボリス・コドジョー)が居るから大丈夫!と思っていたら、グラハムには秘密があった。それを知ったモンタナは絶望的。それを見ていたフライトアテンダントの同僚(ジル・スコット&アダム・ブロディ)が、モンタナのフィアンセ探しに協力、そして向かいに住んでいる幼馴染のウィリアム(デレク・ルーク)も慰める。モンタナは30日間で、理想の夫探しに全米を30,000マイルも駆け巡るのだった...

まあ正直、最初の10分15分で大体のラストは読める。でもだからこそ、主人公の遠回りが面白いし、男の心理を見ているのが楽しい。しかも”ぼんやりライン”の嫁は、そんなシンデレラ的なストーリーでも屈託無く演じるのでチャーミング。嫌味とかまるでない。上で書いたように、自分がそういう風なシンデレラ的なついている人生を送ったからかもしれない。「ジャンピング・ザ・ブルーム」の時からまた数段その魅力が増してきている。例えば、熱血な議員のラングストン(テイ・ディグス)に政略的なデート後の引き際とか見事。変に後を引かせない。そして私は正解でした!ポーラ・パットンは全部脱ぐよりも、ブラと下着姿の方がセクシーだ!持論ほらね。

ポーラ・パットンも魅力的でしたが、この映画ではコメディアン達も魅力的。空港職員を演じたネヒュー・トミー、リッキー・スマイリー、アフィオン・クロケットの3人。ネヒュー・トミーはラジオで有名、リッキー・スマイリーも今は朝のラジオが有名で昔はBETで番組もっていた人。アフィオン・クロケットは最近ではウェイアンズ系の映画「Dance Flick / 最強絶叫ダンス計画 (2009)」とか「A Haunted House / 日本未公開 (2013)」でお馴染みのコメディアン。そしてコメディアンじゃないけれど、カーメロ・アンソニーの嫁で元MTV司会者のララ・アンソニーも面白かった。

ポーラ・パットンもコメディアン達も魅力的でしたが、私は年代的に曲も魅力的!モンタナが振られた後に繰り返し聞いているのが、トニ・ブラクストンの「Un-Break My Heart」。私の20代!あのシーンは「あははー、分かる!」と思いました。そして幼馴染のウィリアムと一緒に踊るのがニュー・エディションの「If It Isn't Love」。羨ましいー!あのシチュエーション、滅茶苦茶羨ましいー!!私もあんなカッコイイ幼馴染と、思い出でニューエディションで盛り上がりたいー!!と、あのシーン大好き。

主人公を悩ます男優陣も素敵。ボリス・コドジョーとトレイ・ソングスは脱ぎ要員として、素晴らしい成績を収めている。ジャイモン・ハーンスゥはあんなに素敵な肉体なのに、今回は脱いでくれなかったので残念。でも惚れちゃうのは、やっぱりデレク・ルークやね。いい役過ぎる。

しかし、監督のデビット・E・タルバートは正直あんまり期待していなかったけれど、今回は中々。まあ最高!な作品ではないけれど、酷評するまででもない。しかしポーラ・パットンは、この監督にブライアン・バーバーリー・ダニエルズにサリム・アキルと、最近の黒人監督と仕事してるなー。やっぱりこの人の人生ついている!!ずるいレベル!!夫ロビン・シックが歌うようにええ娘だからかね?

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.5点/5点満点中:9/30/13:劇場にて鑑賞)