SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

2 Guns / 2ガンズ (2013) 1142本目

デンゼル・ワシントン様よ。デンゼル。良い名前付けて貰いましたよね。珍しい名前だから検索しやすいし、素敵。デンゼル以降、デンゼルって名前が増えたみたいだけど、実際にお会いすると「またまた...」っていうお方が多いでございます。やっぱりデンゼルはデンゼル様だけな訳で... もちろんデンゼル界ナンバーワンがデンゼル・ワシントン様よね。

という事で、デンゼルがDEA(麻薬取引局)でアンダーカバーしているトレンチっていう男を演じている作品。相棒は、「ふぃーりっと!ふぃーりっと!」とカルバンクライン下着を宣伝していたマーキー・マーク事マーク・ウォールバーグ(ファンキーバンチとの再結成はどうなったんだ!!!)。マーキー・マークがこれまた海軍のインテリジェンスであるNCISなんて演じてらっしゃる!マーキー・マークもNCISのアンダーカバー。って事でお互いがそんな事知らないで、とっ捕まえようと思っているし、二人が狙っているのはお互いみたいな小物じゃなくて、メキシコのモノホン麻薬キングピンのグレコ。という事でお互い知らないので、色々とごちゃごちゃと面倒な事が起こる。

最近のデンゼル様は若い白人俳優と組んで出る事が多いですが、その中でもマーキー・マークは今までにないタイプで良いのですよー。オシャベリも上手いし、何しろアホ!テッド相手にあそこまで出来た男だしね、「Pain and Gain / 日本未公開 (2013)」のプロテイン・バカっぷりも最高!それが魅力的っていうから、良いのよー!「Rush Hour / ラッシュアワー (1998)」で言うなら、ジャッキー・チェンがデンゼル様で、クリス・タッカーがマーキー・マーク。デンゼルがキレキレ。さすがにジャッキーみたいなアクションは無いけど、渋みで勝負!後は色気ね。今回も前回の「Flight / フライト (2012)」の冒頭みたいに、デンゼルがなんかやたらとラブシーンやる気!昔はさ、やりたくない!って揉めたくらいなのに、どうしちゃったの?って感じ。あのシーンは「フライト」の冒頭以上に、意味ない裸シーンだわー。ぼんやりライン事ロビン・シックの嫁ポーラ・パットンって、綺麗だけどスタイル抜群!で巨乳!!って訳じゃないからね。要らないわー、あのシーン。ブラありの方が逆にエロかったかも??ポーラ・パットン、今年のBETアワードでもかなりハイになっていてヤバかった。今回のこの映画のプロモでも、かなりハイだったと噂。お酒なのか、麻薬なのか、それともナチュラルハイなのかー!程々にね。デンゼル様とポーラ・パットンのコンビなら「Deja Vu / デジャヴ (2006)」の時の方が好きかな。今回の2人の雰囲気はイマイチね。マーキー・マークとの方が熱々イチャイチャでした。マーキー・マークが「また一緒にやれるの?」って、デンゼルにガッツク所が、バカ犬ぽくて可愛い。

夏の大作アクションって片付けられそうなんだけどね、ちょっとだけ社会派。2人が狙っているグレコに、「おめーらも、メキシコの国境を歩いて帰れ!」と言われ、他の不法移民と川とかを命がけで渡るんですわ。この映画でも過酷だったけど、本当はそれ以上に過酷な筈。で、クライマックスに突入して、最後にはデンゼル様がぁー!!!ある意味、メキシコからのあれはアメリカンドリームなのかもね?

「フライト」では麗しいパイロットのコスプレにチャレンジしてくれたデンゼル様でしたが、今回も素敵なコスプレを披露してくれてまーす!実際にはあんな素敵なあのユニフォームを着た人々、お目にかかった事ありませーん!さすが、なんでもナンバーワンなデンゼル様ですわ!そのうち、ワシントン界でもジョージ・ワシントンを抜く日が来るかもねー!ワシントン界では、今の所2位?さ、頑張ってもっと映画に出て1位狙ってもらいましょう!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:8/2/13:劇場にて鑑賞)