SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Temptation: Confessions of a Marriage Counselor / 日本未公開 (2013)

Cast >> Jurnee Smollett (Judith), Brandy Norwood (Melinda), Lance Gross (Bryce), Vanessa Williams (Janice), Kim Kardashian (Ava), Robbie Jones (Harley), Ella Joyce (Sarah) ...
Director >> Tyler Perry
Writer >> Tyler Perry
Producer >> Tyler Perry, Ozzie Areu, Paul Hall
Genre >> Drama
Country >> USA
Release (US) >> 03 / 29 / 2013

総合ポイント 2.25点/5点満点中
内容 >> 2 演技 >> 2 演出 >> 2 音楽 >> 3

"Bitch you better get your ass out of my office!"
結婚生活カウンセリングに訪れたカップル。その話を聞いていたカウンセラーが、夫が去った後に、妻に向かって「あなた別に男がいるでしょ?」と話始めた。「私の妹ジュディスもそうだったの...」と、ジュディス(ジャーニー・スモレット)と夫ブライス(ランス・グロス)の物語を語り始めたのだった...

日本では公開が難しい男タイラー・ペリーのオリジナル作品。いつものように自身の舞台「The Marriage Counselor」を映画化した作品。私は彼の作品を「キリスト・プロイテーション」と呼んでいる。キリスト推しであって、キリストを信じていれば必ず救われるというメッセージが詰まっている。なので、私が住んでいるバイブル地帯では絶大なる人気なのだ。だから日本では公開が難しいのだ。この映画でもそう。キリストやバイブルに背を向ければ、かならず何か悪い事がおきて、教会に通えば救われる。母の厳しい躾で、教会に通っていた小さい頃の主役ジュディスは幸せだった。大人になって母の元を離れた後から、彼女は母が言うところの「悪魔(サタン)」に心奪われてしまう。そして取り返しの付かない罰が彼女には待っていた。そして悪魔は決して報われないのだ。

どうもキリスト推しが凄過ぎで、ひいてしまった。タイラー・ペリー的には私は救われないんですかね?そんな事ないと思うけど...

(8/9/13:DVDにて鑑賞)