SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Good Deeds / 日本未公開 (2012)

Cast >> Tyler Perry (Wesley Deeds), Thandie Newton (Lindsey Wakefield), Brian J. White (Walter Deeds), Rebecca Romijn (Heidi), Jamie Kennedy (Mark Freeze), Eddie Cibrian (John), Jordenn Thompson (Ariel), Beverly Johnson (Brenda), Phylicia Rashad (Wilimena), Gabrielle Union (Natalie) ...
Director >> Tyler Perry
Writer >> Tyler Perry
Producer >> Ozzie Areu, Paul Hall, Tyler Perry
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 2.75/5点満点
Contents >> 2 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

You're predictable
ウェズリー・ディーズ・3世(タイラー・ペリー)は父が成功したお陰で、父が残してくれた会社のCEOとして恵まれた生活をしており、完璧なフィアンセ(ガブリエル・ユニオン)との結婚も迫っていた。ある日、会社の掃除をしている女性リンゼイ(タンディ・ニュートン)が、彼の駐車場所に車を勝手に止めた事で、言い争いになる。リンゼイはシングルマザーで、大変な環境で暮らしており、ちょうどホームレスになってしまったばかりだった。ウェズリーはそんな事は知らなかったが、彼女の事を段々と知っていくが...

タイラー・ペリーの悪評高き?マディアおばさんが登場しない、そして書き下ろしの作品。ずっとペリーの作品をリアルタイムで見てきたから、はっきりと言わせて貰う。安直過ぎる。今回のは特に酷い。だんだんペリーの作品に飽きてきた。確かに女性はこの映画のように、大変な事も多い。でもこの物語がそれに答えてくれるかと言えば、やっぱり安直過ぎる。つまらない安っぽいシンデレラストーリー。昔はもっと独創的だったタイラー・ペリーの世界も、最近は影を潜めているように思う。タンディ・ニュートンが主演でサンフランシスコが舞台で貧乏だと、どうしても「幸せのちから (2006)」を思い出さずにはいられない。

特にウェズリーの最後の言葉が酷い。主役の説教ぽい話なんて勘弁してくださいという感じ。思わず笑ってしまった程に、メロドラマ。

(4/15/12:劇場にて鑑賞)