SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Blazing Saddles / ブレージングサドル (1974) 1083本目

Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)」っていうのもあるけど、もう「Black Dynamite / 日本未公開 (2009)」の続編のウォームアップ開始。ってまだ作られてもいないけどね。で、その作られるであろう「Black Dynamite」の続編は、この「ブレージング・サドル」風になるらしい。

「ジャンゴ」では、Nワードの使用でも色々と論議されたけど、この映画のNワード使用率も酷いよ。もちろんこの映画が作られた時にも、それは論議された。この映画の脚本家として名を連ねているのが、あのリチャード・プライヤーメル・ブルックスワーナー・ブラザースからNワードを削除するように言われたけれど、リチャード・プライヤーと主演のクリーヴォン・リトルからの支持を受けて、そのままにしている。という訳で、黒人が主役の西部劇コメディ。しかも国立フィルム保存までされている作品なのだ。

という訳で、クリーヴォン・リトルが演じたのが主役のバート。鉄道レールの作業員だったが、メル・ブルックス演じる知事とその手下であるヘッドリーという男の悪知恵で、彼等が狙っている町の保安官にバートを任命してしまう。そうすれば町の人は逃げてしまうか、バートをリンチしてしまうであろうという企み。どっちにしても彼等には都合が良い。逃げてしまえば土地を安く買えるし、バートは元々吊るし首にされる所だったから、バートの命なんて大した事ないと思われていた。所が、バートは機知に富んでいて、町の人達を上手く丸め込んでしまう。しかも、そこの牢屋にはウェイコ・キッドと呼ばれている早撃ちの名手が居た。バートとウェイコ・キッドは意気投合し、二人は町をヘッドリーと知事の悪企みから救おうとする。

ウェイアンズ家族なんかもやっているパロディの元祖的。くだらない事をとことん追求して、細かく弄る。メル・ブルックスが着ていた「知事」って書かれたスーツもそうだし、ヘッドリーの名前をみんな「ヘッディ」と間違えるのも徹底していて面白い。そして町の住民の名前がみんな「ジョンソン」。アメリカではジョンソン名多いよね。後ろの垂れ幕に書かれた名前がみんなジョンソン。後は雇われた悪人達が豆を食べていて、みんながおならしちゃうシーンも長い。けど笑ってしまう。ウェイコ・キッドの早撃ちのシーンとかも、小学生並だけど笑ってしまう。歌の部分も面白い。やたらと黒人側が上手い。最後はいきなり映画のセットに殴りこみ。ヒットラーが食事していたりと、もう無茶苦茶。

ちなみにメル・ブルックスは、主役にリチャード・プライヤーを考えていたそうだ。しかしその頃にはまだ主演を務めた事がなかったプライヤーは、自信がなく断ったらしい。でもこの映画がきっかけで、ウェイコ・キッドを演じたジーン・ワイルダーとプライヤーは一緒に沢山映画を作った事は有名。やっぱりメル・ブルックスはコメディに関しては先見の明があったんだね。というか「Real Recognize Real」かな。

感想やあらすじはこちら

(4.5点/5点満点中:Unknown, 2/8/13:DVDにて鑑賞)