SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

マイケル・クラーク・ダンカン

7月より心筋梗塞で病院に入院していたMichael Clarke Duncan (マイケル・クラーク・ダンカン)が他界した。54歳だった。TVのリアリティ番組に出演していたダンカンの婚約者オマローサが広報を通じて明らかにした。

R.I.P. Michael Clarke Duncan | Deadline

マイケル・クラーク・ダンカンのバイオグラフィは、ここを参照して欲しい。俳優を目指していたけれど、中々芽が出ずにボディガードとして働いていた時期も長い。その時に、ノートリアスBIGボディガードをしていたのも有名。ビギーが殺された日は、たまたま非番だった。「俺が出ていれば救えたのに」と後悔していた。「アルマゲドン」でようやく俳優としての地位を確立させ、「グリーン・マイル」でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。

私は、マイケル・クラーク・ダンカンに会ってどうしても叶えたい事があった。マイケル・クラーク・ダンカンという長い名前もあって、中々人に名前を覚えて貰えなかったという。しかし、そんな彼の名前をフルネームで言えたら、ダンカンは毎回5ドル差し出したという。私は5ドルが欲しい訳じゃなくて、会って名前を言える事でファンは日本にも居るよって証明したかった。今はそのもし会えたら…と思いドキドキする事もできないかと思うと悲しい。つい先日に、集中治療室から出たというニュースを伝えたばかりなのに…

遺作については、ロバート・タウンゼントが監督の「The Hive」となるかもしれない。こちらは撮影済み。S.エパサ・メカーソンと共演する予定だった「The Challenger」は撮影が済んでいるのか不明。

ハリウッド人のツイッターでの追悼

安らかに。