SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

In the Hive / 日本未公開 (2011)

Cast >> Michael Clarke Duncan (Mr. Hollis), Loretta Devine (Mrs. Inez), Vivica A. Fox (Billie), Ali Liebert (Parker Whitmore), Percy Daggs III (Rack Robinson), Roger Guenveur Smith (Paris) ...
Director >> Robert Townsend
Writer >> Cheryl L. West
Producer >> Messiah Jacobs, Robert Townsend (executive producer)
Genre >> Drama
Country >> USA
Release (US) >> 09 / 15 / 2011

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 3

To Ma'am with love
エクストラ(ジョナサン・マクダニエル)は、16歳で母(ヴィヴィカ・A・フォックス)は飲んだくれで、父(ロジャー・G・スミス)は牢獄暮らしで、まだ生まれたばかりの息子とその息子の母に妹と弟と共に母のトレイラーで暮らしていた。地元のギャング6-8に属し、喧嘩に明け暮れていたが、弁護士が地元のチャーター高「Hive」に入れる事に決め、他の3人と共に新入生となった。「Hive」は、アイネス(ロレッタ・ディヴァイン)が校長とコックを務め、ホリス先生(マイケル・クラーク・ダンカン)、NYから来たばかりのウィットモア先生が居た。エクストラは頭は良かったが、環境がそうさせなかったのだった...

コメディ映画で知られるロバート・タウンゼントが監督、そしてオスカーにまでノミネートされたマイケル・クラーク・ダンカンの遺作となった作品である。昔ながらの学園作品である。でも面白いのが、アイネスが校長室ではなく、いつもキッチンに居る所。学校で教える所は教室だけじゃないのだ。母のようであり、お婆ちゃんのようでもあり、そして強い一人の女性でもある。その役にロレッタ・ディヴァインは適役だった。そして理想的な強い父親像を子供たちに見せるホリス先生を演じたマイケル・クラーク・ダンカンも適役過ぎる。
ウィットモア先生が、キューという生徒が書いた宿題に号泣するシーンがあるが、あそこはさすがに観客も号泣してしまう。しかし、最後の最後だけは駆け足過ぎる部分もある。もうちょっとだけエクストラの将来が観たかった。

学園モノの古典的作り。日本ではさすがに銃は出てこないけど、でも青春の形は全世界共通!まあ分かってはいるんだけど、泣いちゃうんだよね!

(8/29/13:DVDにて鑑賞)