SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Sitter / 日本未公開 (2011)

Cast >> Jonah Hill (Noah Griffith), Max Records (Slater), Ari Graynor (Marisa Lewis), J.B. Smoove (Julio), Sam Rockwell (Karl), Method Man (Jacolby) ...
Director >> David Gordon Green
Writer >> Gatewood, Alessandro Tanaka
Producer >> Michael De Luca
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

There lived a little boy who was mislead
ノア(ジョナ・ヒル)は大学を停学になり、仕事もせずにニート生活をしていた。母はノアに甘かったが、そんな母がノアは大好きだった。離婚して寂しい思いをしている母が楽しみにしていたのが、医者が集まるパーティ。しかし招待してくれた友人が ベビーシッターを見つけられずに、キャンセルしようとしていた。その電話を聞いていたノアは、ベビーシッターをする事にするが、とんでもない夜の幕開けとなった。

ベビーシッター奮闘コメディ。コメディでは割りとある。悪戯が好きで悪知恵が働く問題を抱えた子供達の面倒を見ながらの、どたばたコメディである。この映画もなんら変わりない。前からあるパターンと同じである。でも、面白いのが主演はジョナ・ヒルだけど、ヒップホップなのである。カラーミーバッドのオープニングの曲の次はスリック・リックの曲。このスリック・リックの曲がこの映画のイントロダクションともなっているのだ。そしてラストはビズ・マーキーの名曲「Just a Friend」。この2つの曲がこの映画の全てを物語っている。実は異人種カップルなのだけど、とても自然で好感度が高い。

意外とヒップホップ。音楽だけじゃなくて、その映画のスタイルもヒップホップ。

(3/27/12:DVDにて鑑賞)