SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Man on a Ledge / 崖っぷちの男 (2012) 989本目

大好きなアンソニー・マッキー出てるからねー。見ちゃうよねー。

スリラー映画ですね。サム・ワーシントンがいきなり「自殺しちゃうぞー!」って、歴史あるニューヨークのルーズベルトホテルの縁で大騒ぎ。まあそれには色々な事情があり、映画は展開していきます。と、あんまり内容書けないよね、こういう映画の場合。ちなみにアンソニー・マッキーサム・ワーシントンの元相棒。アンソニー・マッキーの好きな所は、ああいう役も無難に演じられちゃう所。途中の目つきとか、とっても嫌らしい。それがまたセクシーだったりするのよね、彼の場合。

結構凄い面子が出演。キーラ・セジウィックがあんな役とはびっくり。そしてジェイミー・ベルがすっかり成長していてびっくり。10年一昔だね。っていうか、そんだけ自分が年をとったかと思うと、恐ろしい!ジェイミー・ベルの彼女役のヒスパニックの女性が人気出そう。サム・ワーシントンは、あんなにプクプクしてたっけ?「アバター」の頃は、もうちょっとスッキリしていたような... ジェラルド・バトラーと区別つかないわ。区別つかないといえば、この映画にも出ていたエドワード・バーンズカイル・チャンドラーマシュー・フォックスライアン・レイノルズの区別がつかない。Karaと少女時代が全く区別できないのと同じ感じ。ライアン・レイノルズと日本代表の長谷部誠は似てるけど区別できるのに!多分興味ないんだろうね。長谷部には興味あるから区別出来るんだと思う。

って、本当に書くことが無い映画だわー。面白いか面白くないかと言ったら、1回で十分かなー。途中から大体読めてきたし、誰が悪いのかも分かっちゃったし。でも、この映画見た後、なぜかうちの劇場ではみんな夫婦とかがチュッチュとしてました。そんなロマンチックな感じじゃないのに、なんで??どこにそんな要素あった??

オフィシャルサイトはこちら

(3.25点/5点満点中:4/10/12に映画館にて鑑賞)