SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Contagion / コンテイジョン (2011)

Cast >> Matt Damon (Thomas Emhoff), Kate Winslet (Dr. Erin Mears), Marion Cotillard (Dr. Leonora Orantes), Gwyneth Paltrow (Beth Emhoff), Laurence Fishburne (Dr. Ellis Cheever), Enrico Colantoni (Dennis French), Jude Law (Alan Krumwiede), Sanaa Lathan (Mrs. Cheever) ...
Director >> Steven Soderbergh
Writer >> Scott Z. Burns
Producer >> Michael Shamberg, Stacey Sher, Gregory Jacobs
Genre >> Thriller
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 4

Invisible Links
べス(グウィネス・パルトロー)は香港からの出張後にインフルエンザのような症状で寝込んだ。2日後に倒れた。すぐにべスの息子も倒れたが、夫のミッチ(マット・デイモン)は平気だった。そして世界各地で人々が倒れていく。WHOのオランテス医師(マリオン・コティヤール)や、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のチーヴァー医師(ローレンス・フィッシュバーン)やヘックストール医師が調査に乗り出すが、中々ウィルスを特定できず、その間に世界では死者数が上がっていく。現地で調査していたCDCのミアーズ医師(ケイト・ウィンスレット)も容態が悪化していく...

ハイパーリンク映画。様々な人が無数にリンクしていく映画。飛行機やインターネットの発達で今は世界中の人々がリンクしていく。その中で起こる恐怖。幾ら機械化しているとはいえ、人々は無数に肌と肌をふれあい、そして空気を共有し合っている。という事は、我々は無数のウィルスも共有し合っている事を思い出させてくれた。しかしこの映画はその見えないウィルスの怖さだけでなくて、平常心を失った人々の怖さも描いているのがいい。そしてそのウィルスと戦う人々の人としての弱さも見せていく。

スティーブン・ソダーバーグはその数々の見えない恐怖を見せていくのが巧い。人々は色々なモノと戦っていかないといけないのだ。スペインかぜやペスト等...そうやって、我々は強くなったのだと思い知らされる。

(2/23/12:DVDにて鑑賞)